ブログ

京都の旅パート2

2012年05月27日

 

京都も2日目。
まず最初に向かったのは、





皆さん御存じですね。10円玉の表に描かれている「平等院」
ムッシュは始めてきました。
これもすごいですね。
良く目にする10円玉のあれですよ。
感動です。
また、池に写ったのもすごい。
見たいでしょ?



池が濁っているのが本当に残念。
ここには、平等院の歴史を知る博物館もあるので是非見てほしいですね。
それによると本来は朱の色が塗られた綺麗な建物だったそうです。



京都市内に戻って向かった先は
「伊右江門カフェ」







とてもおしゃれな店内と甘味とランチメニューも魅力的でした。

京都の町中をぶらぶらして、2日間の京都の旅も終了。
次はいつ行くことになるでしょう。

京都の旅 201110.3~10.4

2012年05月27日

 

毎年、必ず京都に行くのはなぜだろう?
それだけ、魅力のある地なのだろう

そんなことで、秋の京都に出掛けました。







まず訪れたのは、東福寺
ここは、素晴らしい庭とロケーション
日本的な美意識のようなものが感じられるところです。
もう少し遅かったらもっと紅葉が綺麗だったのかな?



ここは、前回にも訪れた和菓子屋さん。
ふたばさん
お店の人と話すと、何と修業先が石川県とのこと
世間は狭いですな~
やっぱりここの大福は美味しい。

そしてすぐ近くのお稲荷さんへ





千本鳥居もすごい。





みたらし団子、餡団子、白玉団子と団子が大好きなムッシュ。
「加茂みたらし茶屋」さん
ここのみたらし団子が有名だそうです。
なんでもみたらし団子発祥の場所だとか?
そして次なる団子を求めて





「美玉屋」さんの
黒蜜だんご
きな粉がたっぷりかかっています。
かなり甘い団子でした。



嵐山の竹林道です。
良くテレビに出ている場所ですが、実際に訪れるとやっぱりいいものですね。
ただ、最近思うことが・・・
今年のように筍の当たり年のときなんか大変だろうな~って
きっとものすごい量の筍が取れるんでしょうね。







「エキュバランス」さん
京都も和菓子文化のところですがケーキの実力店がたくさんあります。
そんな中で久しぶりに伺ったこのお店。

フランス菓子に定評のあるお店なのでこういったお菓子は間違いありません。

そしてこの日の宿に

ひとっぷろ浴びた後には



こんな豪勢な夕食。
お腹いっぱい食べました。
そして今回の京都の旅はムッシュの母の誕生日お祝いも兼ねてということで
ナチュールのバースデーケーキでお祝い。
サプライズケーキにお袋も喜んでくれました。


パート2に続く

福井、爆食ツアー2011.10.19

2012年05月26日

 

この日は、友達たちと福井に食べ歩きツアーを行った。
まず向かったのは、イタリアンレストラン











「テンダ ロッサ」

次に向かったのは歩いて行けるハンバーガーのお店





「バーガーランド」
ここはコメントを
いいお店です。福井の人はいいですね。

そしてランチを立て続けに2食食べた後は、やはり
ティータイム









「エスポワール」福井店
濃厚な甘さに浸ったところで次なる店へ





「サリュ」
チーズケーキが有名なカフェです。

そして夕方になり夕食の時間



「サンマルコ」焼き肉屋さん
以前にしちりん屋にいた人が出したお店。
福井の片町にあります。
肉を食べて、片町をぶらついたところで締めに入ることに



「さのや」さん 越前そばを頂きました。

良く食べた一日でした。
本当に苦しかった。

ハルビン2回目の訪問2011.10.6~10.9パート2

2012年05月26日

 

ハルビン2日目。
ここのホテルは好きだ。
朝の朝食がいい。
こんな中国の端にあるにも関わらず、味噌汁が置いてある。



そしてここのチャーハンが旨い。
朝にはなくてはならない一品だ。

そして、仕事が始まる。



中国側のスタッフ、施工会社のスタッフと図面の打ち合わせ中
日本とだいぶやり方が違う。

そして、ごはん







中国式しゃぶしゃぶ。
なんでもしゃぶしゃぶする。
きのこ、魚介、肉、野菜何でもかんでも
でも、すごくおいしい。
食べ物は、美味しい。
これホント

そんな毎日を送り帰国するためにまずは
大連に
ここで1泊して明日の飛行機で関空に

泊まるホテルはラマダ
すごくいいホテルです。
日本人もたくさん泊まるホテルで経営者が日本人らしい。
館内もいたるところに日本らしい心くばりが伺える。

この日の夜は、海に近い大連は海鮮が有名













海の幸を堪能した夜になりました。

そして、翌日関空に降り立ちハルビンの出張が終了しました。

なんか食べてばかりの中国。

帰国すると体重が4kg増えている。

どうしよう・・・・

ハルビン2回目の訪問2011.10.6~10.9

2012年05月26日

 

中国のハルビンでのプロジェクトが本格的に始動しました。
今回は、材料と厨房機械器具の打ち合わせ





もう見慣れたこの風景
関西国際空港
そして最近海外に行く頻度が多い為、スーツケースも傷と汚れが・・・・



まずは、関空から大連
その機内で出されるいつもと変わらない南方航空の機内食
そして、大連に到着。



そして、次に乗るハルビン行きの飛行機まで2時間の待ち時間。
しかしその間に、先方の会社のスタッフが空港でお出迎え
空港の外に連れ出され付いたのは、韓国料理店



しかし、この店に入ってまず驚いたのが、
椅子。




風呂場の椅子が置いてある。
これに座って食べるのだが、テーブルの高さとこの椅子とが合わない。

またもや中国に驚かされる。

そして、空港にトンボ帰りしてハルビン行きの飛行機に乗る

また機内食が出るのだが、
このホットドックがすこぶるまずい。



まぁ見てもらえればわかるだろう。

ハルビンに到着。そのままホテルに
移動で終わる一日でした。

パート2に続く

金沢美味しいお店2011.09

2012年05月26日

 

ちょっと気を抜くとあっという間に日にちが過ぎてしまい前回のブログ更新から早2週間ほど経ってしまった。
年を取るごとに月日の経つのが早く感じる。
小学生の時は、なんで1日はこんなに長いのかと思っていたのに
あの頃が懐かしい。はるか昔30年前のことになってしまう。

早速、ブログの内容に移ろう!
今回は昨年の9月に行った美味しいお店を御紹介。
まずは、







県庁近くに出来たイタリアン パルティーレさん
ここは、とても美味しいお店でムッシュのお気に入り。
もう既に何回と通うお店なのだ。

お次は、



ラーメン屋「左介」
ひそかに話題のお店かな?
ナチュールからも意外と近いのでたまに行くお店です。




それから金沢初出店のサブウェイ
ムッシュはサブウェイが大好き。
金沢に来る前から静岡時代には良くサブウェイを食べていました。
以前に松任アピタにあったのに無くなったのがすごく残念でいたので、出来てとてもうれしいいですね。
もう一店舗出来るような話を聞きましたので、どこに出来るのか楽しみです。



これは、みなさんご存知「丸亀製麺所」
ここのランチタイムは本当にすごいですね。
このうどんの腰と言い汁の味と言い
トータルバランスが素晴らしい。これがこの値段。
脱帽するしかありません。お客が来て当たり前です。

ということでこの月の美味しいお店でした。

金沢月見光路2011.9.16

2012年05月11日

 

大学生が中心となって行われている金沢月見光路。
この年初めて見に行きました。











秋の夜長に幻想的な光のオブジェ

夜の御散歩にとても良い企画ですね。

北國新聞文化センター「とっておきケーキ教室」2011.9.13

2012年05月11日

 

北國新聞文化センターのケーキ教室

いつもと変わらないメンバーでぼちぼちやっています。
今回のケーキは「キャラメルポワール」





キャラメルのムースと洋梨のババロワの組み合わせは定番ですね。

台湾 パート4

2012年05月10日

 

いよいよ台湾の最終日。

この日は、今台湾で一番人気があるというカフェ?レストラン?パティスリー?
どちらかわからない、「SEASON」というナルシストっぽいシェフがいるお店に行きました。











ちょうどテレビの取材のようなものが来ていてシェフが得意げにデセールを盛りつけているのですが、どうもムッシュには胡散くさくて見ていられない・・・・
なぜこのお店がそんなに人気があるのかは理解できませんでしたが、このお店がある立地柄、セレブの方たちの憩いの場所のようです。
興味のある方は、是非行ってみてください。
味的には、他のお店のほうがずっと美味しいとムッシュは思いました。

そして、昼過ぎから今回の旅行で唯一依頼したツアーに参加するために待ち合わせ場所に移動。
どこに行くかと言えば「仇分」

ジブリの映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所です。
ムッシュが今回の旅で一番行きたかった所。







このノスタルジックな世界。
いいですよね~

日が沈みかけて夜へと移り行くこの時を「湯婆婆の屋敷」でお茶を飲みながら台湾最後の夜を過ごします。





あ~本当に九分はいいところだったな~

また来たいと想わせる何かがそこにはありました。

台湾 パート3

2012年05月10日

 

いよいよ台湾も3日目。
さすがに台湾にも慣れてきました。

この日に向かうのは台湾のふるい街並み




それほど情緒があるようではないな~

その近くにある市場に







アジア圏はよく鳥を食べるのでこういったところに来ると鳥の解体現場に遭遇する。
ダメな方は近寄らないように。
こんな狭い道幅の通りを平気でバイクを乗りこんで強引に通過する。
やはり中国圏だな~と思う。

では、気を取り直して台湾最古の寺院「龍山寺」に







たくさんの参拝客がいます。
とても大きいお寺ですが、
まず、見て残念だったのが正面の門の龍山寺の看板が電飾だったこと(苦笑)
せっかくの風格のお寺なのになんてことしやがんだい!

それ以外はすごくいいお寺です。
占いをやろうと思いどうやるのかわからないでいると地元のおじいちゃんが、親切に日本語で
教えてくれました。
お年寄りは日本語を話せると聞いていましたが本当でした。
占いの結果もちゃんと日本語で説明してくれる人がいて親切でした。
結果は、いいことばかり言われたけど本当かな?
でも、悪いことは言われなかったので信じておこう。



次に行ったところは、杏仁豆腐で有名な「干記」
味は、う~んと言ったところですかね。
でも、みなさん買いに来られてました。

次に向かうは、有名な「中正紀念堂」









とにかくこれもデカイ建物です。
これは、見るだけですね。



お腹が空いてきたのでお昼ご飯ということで小龍包の有名なお店に
かなり市内からは離れているところです。











鳥のスープ、空芯菜の炒め物、中国では珍しい焼き餃子、小龍包、エビチャーハン。
この店は、大当たり。
安い、旨い。おススメです。



次に向かった先は、一昨年の世界ナンバーワンブーランジェリー。



ここのお店もすごい人です。
しかし、台湾のパン屋さんのレベルは本当に高いですね。
どこに行っても、しっかりとした商品アイテム数と店舗デザイン。
是非とも、日本のパン屋さんも参考になるところがあるように思うので見てほしいな~


パート4に続く

12»