ブログ

テスト

2013年06月25日

 

テスト
投稿

2013.6.17 お食事会と卯辰山菖蒲園

2013年06月19日

 

この日は、珍しくカフェのスタッフと食事に出かけてきました。
昨年の新入社員のスタッフも1年が経ち見違えるほど逞しくなり、心がジーンとくるほどでした。

そんな、頼もしいスタッフのおかげでカフェのランチも少しはお客様にご来店いただけるようになり
嬉しい限りです。
今後、スタッフの成長とともにカフェもバージョンアップが出来て行けたらと思います。

今回、食事に訪れたのは、「ル・ベルジェ」さんです。
小さなビストロなのですがコスパと味に惹かれ、足を運ばさせて頂くお店のひとつです。







今度は、夜に伺いたいと思います。

その後スタッフとは、分かれて卯辰山に
毎年いっている花菖蒲園です。









今年は、雨が少なかった為かちょっと花の状態が良くなかったように思いました。
あじさいもだいぶ咲いていましたが、これも雨が降らないからでしょうか、花の大きさが例年よりも小さい気がしたのは、ムッシュだけなのかな〜

2013.6.16 父の日&モンブランの日

2013年06月19日

 

ケーキ屋さんのイベントでは一番盛り上がらない父の日。
お父さんにな申し訳ないがこれが事実である。

しかし、今年の父の日はちょっと違う。
2種類の特別な父の日ケーキを作ってみた。





この、ビールジョッキは昨年も販売した物だが今年は、もうひとつゴルフのグリーンに見立てたケーキも作って
ゴルフ好きのお父さんにも対応してみた。

おかげさまで、連年あまり盛り上がらない父の日デコレーションが今年は、今まで以上に
お買い上げいただく事が出来ました、
ありがとうございました。



後もうひとつこの日は、モンブランの日にもなっているらしい。
なぜモンブランの日なのか?
それは、父の日が関係している。
父の愛は山よりも高くと言う事で白い山と言うお菓子、モンブランの日になったそうだ。



モンブランの日という事で、モンブランで有名なフランス「アンジェリーナ」のモンブランになぞって、土台をメレンゲで作り
クレームフェッテとマロンペースとで仕上げたスタンダードな物を作りました。

こういう、オーソドックスなモンブランはやはり美味しいな〜

2013.6.11 北國文化文化センター「ラ・ナチュールのとっておきケーキ」教室

2013年06月19日

 

文化センターのお菓子教室にいってきました。
今回は、アメリカンチェリーが旬なのでチェリーパイを作る事に。

ムッシュの年代だとチェリーパイと言うと映画の「ツインピークス」を思い浮かべる
のだけど、先日若いスタッフにいったらそれなんですか?と言われる始末。

歳は、取りたくない物だ.

そんな話はさておき、教室ではアメリカンチェリーをキャラメルソテーした物と
サワーチェリーのフィーリングを入れて豪華バージョンに。

それをショーソンスタイルにしました。



次回は、7月9日「ブルーベリーのタルト」です。

2013.6.10 おいしいランチ

2013年06月19日

 

日本という国は、本当に恵まれていると思う事が多々ある。
これは、海外に旅行に行くと皆さんも感じる事だろう。

それは、多岐にわたるが食というカテゴリーを取ってみてこんなに優れた国はないと思う。
たとえば、イタリアンひとつとっても、本場と何ら変わらないクオリティーの食事がどこに居ても
食べる事が出来る。

果たして海外に行って美味しい和食にたどり着く事が出来るだろうか?
例えば中国で美味しいイタリアンなんて聞いた事もないですよね。

でも、日本ならば中華、フレンチ、タイ料理、など各国の料理が食べる事が出来るし
どれも美味しい。

旅行先などでは、海外に居る事で舞い上がり正確な味の判断が出来なくなっている人も
多いと思う。

確かに海外で美味しい物はあるのだが、自国の料理以外の物で美味しい物を僕はあまり食べた事がない。

そんな、国がほとんどなのに日本はどこの地方にもある程度そのジャンルで美味しい料理を提供してくれる
お店が必ずあるように思う。

金沢にきて15年になろうとしているが、金沢にもいいお店が本当に増えたと思う。

そんな中でムッシュのお気に入りは毎回、紹介している「パルティーレ」さんだ。

先日も、美味しいランチを求めて又、いって来てしまった。









いつも美味しい食事をありがとうと言いたい。

2013.5.28 新潟視察

2013年06月06日

 

岐阜へいった翌日、今度は新潟に
新潟には、何度もいっているのですが、タイミングが悪いらしく
まともに洋菓子屋さんの視察が出来た事がないんです。

朝8時に金沢を北上し新潟に向います。
しかし、富山県を過ぎたあたりから身体に異変が。
血の気が一気に引いて来て、吐き気がする。

すかさず、路肩に寄せて車を止めたのですが、気持ちが悪くて仕方がない。
車に酔う事などないのに・・・
昨日、岐阜へいくときに既に、喉が痛くて、若干風邪の症状が出ていたのだが、
朝の状態では、大丈夫だったのに容態が急変。
ダウンです。
運転をワイフに変わってもらいそのまま、新潟に向うことに。

吐き気と戦いながら新潟に到着。
今回の新潟でみたいお店は、『ルーテシア」さんと「プレジール」さん
ここ数回、新潟に来るたびに、臨時休業などで出ばなをくじかれる事が多いお店なのですが、
食べログでの調べでは今日は営業日のはず。
なのに、またもや「ルーテシア本店」はお休み。

仕方なく、新潟伊勢丹内にある支店に







まずは、一人1個を注文。
旨い。高いけど旨い。ということで







また1個ずつ追加をして、うまい。

やはり本店を見れなかった悔しさが残る。

次なるお店に行く前にお昼ごはん。

お寿司屋さんに入り、ランチのにぎりを注文。
しかし、またもや容態が急変してダウン。ごはんを食べる事はできず、
ムッシュは車で横になり安静に。

次の目的地の「プレジール」さんに
ワイフに運転を任せ、到着してみるとなんとここも休みとは・・・・
散々の事にそのまま、新潟を後にするなんとも苦い思いでになってしまう結果に。

今度は、体調を万全にして、しっかり下調べをして新潟リベンジをします。

2013.5.27 岐阜視察

2013年06月06日

 

近頃、岐阜が気になって仕方がないのでいってきました。
なぜそんなに気になるかといえば、おそらく日本で最も激戦区だと思うからです。
それほど大きくはなく、人口もそれほど多い訳ではないのだけれど、年商が1億を軽く超えるお店が
ひしめき合っている。
なぜそのような事が起きるのか?ムッシュは不思議でしょうがない。

まず、訪れたのは「フランボワーズ」さんです。











ワイフとスタッフ2名を引き連れての4人での岐阜巡り
人数が多いとそれだけたくさんの種類が味見できていいですね。
定番的な物をチョイスするところは、同業者といったところなのか、安全策に走ったという事なのか?

お店のコンセプトと商品の展開とのバランスがあっていて、とても良いですね。
とても分かりやすい味にまとまっています。
ソフトクリームがトッピングされているのも、嬉しいサービスですね。
販促物も豊富で、学ばなくてはいけない部分がたくさんあり、とても勉強になりました。

そして次なるお店も岐阜では超有名店です。











「スリジェ・ダムール」さんです。
市内などに7店舗を展開する老舗洋菓子店です。
モダンでスタイリッシュな店内は先ほどの「フランボワーズ」さんとは又異なり違ったファンが付いているようです。
お菓子も、スタイリッシュなフランス菓子を提供されています。
どこのお店でも、サロンでお菓子を食べるとアイスクリームが付いてくるのは、岐阜ではあたりまえのようです。

おそらく、どこかのお店がやり始めてそれがここの地域でのスタンダードになったのでしょう。
金沢には、そういった文化が無くて助かります。

次のお店に行く前に、お昼ごはんを。と思ったのですが岐阜といったら何が名物なのでしょう?
ネットで探してみても見当たらない。飛騨高山までいけば、あるのだけれど岐阜市内ではないらしい。
仕方なく行き当たりばったりでのランチ探しになってたどり着いたのが、







「アンティーク」さん
東海市で絶大な売り上げを有するパン屋さんで、以前にもブログで登場しているお店の支店で、
ルクルーゼの鍋をしようした煮込み料理とパンの食べ放題のお店です。
100席近くあるおおきなお店なのですが、お待ちのお客様が並んでいる繁盛店です。
せっかくだったので、天使のチョコリングとあん食パンを買ってきました。

昼食も食べたところで、次のお店はここ数年で急成長しているお店「ヒコ・ハヤシ」さんです。







お店の外観から内観までゴージャスにまとめられたお店です。
パッケージなどもこだわった物がおおく、ディスプレイにもこだわりが感じられるお店です。
フランボワーズさんスリジェダムールさんとも違う路線を旨く付いてきて、二つの双璧に割って入った事が
伺えるお店です。
関西の有名店で修行をされて来たと、聞いていたのですが、そのお店の路線と似た内容ではないかと思います。

そして、さらに視察はつづきます。











「アタッシェ」さんです。
今までのお店とは違いそこまで規模は大きくは、無いのですがこじんまりとまとまりながら、こだわりのお菓子を提供されているお店です。
ケーキは、シンプルなのですが味がしっかりしていてとても美味しかったです。
これから、もっとのびてくるようなお店はないでしょうか?

そろそろ、スタッフの腹具合も厳しくなって来た模様なので、最後の一軒を目指します。





「プルシック」さんです。
ここのオーナーである所さんは、あのパステルのなめらかプリンの生みの親なんです。
そんな方が、独立されて始めたお店です。
特徴的な店舗は、岐阜市の景観奨励賞を受賞されたそうです。
そのお店の扉を開けて店内に入ると、バニラの香りが店全体に充満しています。
プリンとロールケーキを買ってみました。
もうお腹がはち切れんばかりだったのに、このロールケーキは絶品でした。

数ある岐阜の洋菓子屋さんの中でも今回、いったのはほんの少しだけ。

また、岐阜へリベンジしてまだまだある繁盛店の視察をしたいと思いました。

2013.5.22 ショートケーキの日

2013年06月06日

 

毎月、22日はショートケーキの日として毎月その時期にあったショートケーキを提供しています。
今月は、マスクメロンのショートケーキです。



しかし、メロンが高くなりました。
原油高になってからメロンの栽培には欠かせない温室を暖める為の暖房コストが上がった事が
原因なのですが、ますます高値の花になって行きます。

2013.5.14 北國新聞文化センター「ラ・ナチュールのとっておきケーキ教室」

2013年06月06日

 

毎月1度の開催で行われているケーキ教室に行ってきました。
今回は、ナチュールでも提供しているマルシェタルトの中から「グレープフルーツのタルト」と「オレンジのチュイール」
を作ってみます。



まずは、タルトで一番重要な事は、底になるパータ シュクレとクレームダマンドは、焼けるタイミングが違うという事を
ポイントとして教えました。



完成したお菓子がこちら
ピスタチオとグレープフルーツの組み合わせは、フランスでは良くある定番ですね。
チュイールも皆さんで焼いてもらいました。

次回は6月11日「アメリカンチェリーパイとデリスフランボワーズ」です。

2013.5.13 一乗谷朝倉氏遺跡

2013年06月06日

 

ムッシュの母が静岡から金沢に遊びにくる事になったのだが、
もうそろそろ、北陸で連れて行ける観光地がなくなってきている。

そんなときに、ネットで探しているとソフトバンクのお父さんの故郷という見出し。
これはと思い調べてみると、それなりに見るところがありそう。という事で
母を、福井でお迎えして、まずは
福井名物のソースカツ丼で



その後一乗谷へ
その名の通り山間の谷になっているところにその史蹟があるらしい。
周りは、本当にのどかな田舎といったところだろうか?





でも、史跡の復元をして昔の戦国時代の町並みを復元している通りなどは、見応え十分である。
良くある武家屋敷後などは、江戸時代の物がおおいが、戦国時代のものはあまり知られていない。
簡素で質素な暮らしぶりが見て取れる建物と戦国時代ならではの塀の構造など、本当に面白い。

歴史が好きな人には相当面白いところではないだろうか。
母も大層喜んでくれたので、ほっとしました。

12»