ブログ

2013.7.27 11周年&北國新聞文化センター特別教室

2013年08月04日

 

去る、7月27日にてパティスリー・ラ・ナチュールも11周年を迎える事となりました。
丸11年が経ったという事ですが、本当にあっという間の11年でした。
オープンをして11年前がほんとうについこないだのように感じられます。

一言に11年と言ってしまえばそんな物かもしれませんが、見知らぬ金沢の地で
11年お店をさせて頂いたのだと思うと、本当にありがたいの一言しかありません。

そんな11年を振り返りながら過去のヒット商品を集めたセレクトアニバーサーリーBOX
という物を作ってみました。



家に帰ると、ワイフが買ってあり二人で食べましたが、ひとつひとつに思い出があり、ナチュールの歴史あるお菓子だと思いました。
そして、やっぱり美味しい!

もう既に12年目に突入して日々を過ごしておりますが、初心を忘れずに果敢にチャレンジし続けれるお店でありたいと思います。

どうか皆様の中でナチュールが、いつまでも衰える事なく居続けれるように邁進して行きたいと思います。

そんなひとつにこのナチュールのホームページもリニューアルをします。
しばらくの間、本当に皆様にご迷惑をお替えkしていましたが、来週の中頃(8月8日頃予定)には切り替えが出来そうです。

フラッシュなどもなくしてありますので、iPhoneやiPadなどでもみて頂く事が出来ます。
ショッピングのページも付けましたのでWEBでのお買い物もどうぞ。

そしてこの日は、北國花火大会の日でもあります。
北國新聞社のビルから花火を楽しもうとの企画でナチュールも特別な講座をさせて頂きました。





講座と言っても、何を作る訳でもないのですが、ケーキのプレートを食べて頂こうという物です。
その中のアイスクリームにアメリカンチェリーの暖かいソースをかけて召し上がって頂くという趣向です。

皆さん、たくさんのケーキをたべて苦しそうでしたが、その後の花火鑑賞は楽しめて頂いたのでしょうか?

2013.7.26 新潟ケーキ屋さん視察&柏崎花火大会

2013年08月04日

 

もう何年ぶりになるのでしょうか?
新潟のケーキ屋さんリベンジ達成しました。

まずは久しぶりの「ルーテシア」さん







相変わらず変わらない店内の陳列スタイル。このお店が出来たときムッシュは衝撃を受けたのを又思い出しました。
ここの、無機質の中に商品が整然と並べられて、まかりなりにも「売ろう!」というスタイルからは一線を画しています。

これをもう10年以上スタイルを変わらずにやり続けれる経営者は素晴らしいと思います。

ただ、残念だったのが流行物には手を出さなかったこのお店が流行物に手を出している事には、少しがっかりでしたが
お菓子のクオリティーの高さは相変わらず素晴らしいですね。

つづいて、早めのランチタイム
新潟で唯一なのでしょうか?
個人のハンバーガーショップ。
「ふるまちKEN'S バーガー」





種類豊富は豊富にあります。その中の一番人気グレートバーガーだったかな?

そして次のお店に

「パルファン ドゥー」







新潟の洋菓子屋さんは、どこにいってもなんと言うのでしょうか?
お菓子のラインナップが似ていますね。
それは、どこもフランス菓子と唄っているからなのでしょうか?


そして、次はパン屋さん。







「ブーランジェリー カワムラ」さんです。

東京の吉祥寺にあるパティスリー アテスウェイの河村シェフの弟さんのお店です。

このお店は、いつも変わった提案をしているお店なのですが、今回行って驚いたのは、冷凍メロンパンがあった事ですかね。
以前、4年ぐらい前に伺った時はまだ珍しい要冷蔵のパンを既に始められていました。

とても、勉強熱心な事がうかがえます。

そして、最後の目的地は
「パティスリー プレジール」さんです。







何年か前に、お店をリニューアルしてからこれてなかったので、今回は拝見できて良かったです。

焼き菓子からチョコレート、パン、スムージーまでいろいろな事にチャレンジしている事が伺えるお店です。

ケーキ屋さん巡りはこれにて終了。

これから花火大会の会場に向けて出発です。
新潟の花火大会の中では、大きい花火大会のようです。

さすがに柏崎に車を置いて見るには、帰りのリスクを考えると危ない気がしたので、
2つ先の駅に車を止めて電車で柏崎市に入る事に。

青海川駅からなんですが、この駅は無人駅であるのはホームと待合室のみ
目の前に海が広がる日本一海に近い駅だそうです。



って言うか冊の向こうは、海ですけど・・・・

柏崎に向う電車は既にすし詰め状態で、帰りが、どうなる事かと心配になります。

柏崎駅に付くとホームは、人だかりでなかなか身動きが取れません。



なんとか改札を抜けたのですが、帰りの切符を先に買っておいてくださいとのアナウンスが流れているので、それに従い切符売り場に
なんとそこにも、長蛇の列が・・・
そうこうしている間に、花火大会の開始の時間が迫ってきます。

駅から会場の浜辺までは、15分ぐらい歩いたところにあります。

と、いって歩いている間にとうとう始まってしまいました。

急いで浜辺に場所を確保してゆっくりと鑑賞していますが、
この花火は20万人の人手だそうで、帰りの事を考えるとちょっと怖くなります。








最後の花火は圧巻です。300連発5分30秒の乱れ打ち上げです。
視界のすべてが花火一色になり、何とも言えない爽快感と言うべきでしょうか?

その5分30秒が終わると、観客の一斉の拍手が鳴り響きながら、人々は、駅に向っての大移動が始まります。

ムッシュは、大勢の群れの中から違う方向へと歩く集団を発見!
その後について行くと、これがなんと裏道。
大勢の群れの前にヒョイット出る事が出来たのですが、信号が変わってその大群がドォーと押し寄せてくるのは、
かなり恐怖を感じるところです。

なんとか、駅にも順調に付く事が出来て、電車にもスムーズに乗れて一安心でした。

朝からよるまで、一日を満喫した新潟遠征でした。