ブログ

2013.9.25.26 東京出張 ヴァローナ特別講習会&東京視察 パート2

2013年09月28日

 

そして、東京2日目
ホテルでこの日の段取りを組んでからいざ出発です。

まずは、表参道に出来たアントルメグラスの専門店に

th_IMG_8361

th_IMG_8354

th_IMG_8359

「グラッシー」北海道にあるルタオのアンテナショップだそうです。
でも、このアントルメグラスのプレートで¥1260は高いな〜(表参道価格かな〜)

次は、ハンバーガー屋さんです。表参道に出来た新しいお店。

th_IMG_8367

th_IMG_8362

さすがは表参道にあるハンバーガー屋さんです。とてもオシャレです。
ムッシュの良く行くアメリカンダイナーのような感じはどこにもありません。

この店舗内ですべて、手作りで作っているそうです。

しかも安い。表参道なのに!しかもお客様がオシャレ!
そして何より旨い。ちょっとバンズがふかふか過ぎるのが気になりましたが、クオリティーは高いです。

次なる店へ
雪が谷にある「シュクレ リーナード」
注目の若手女性パティシエのお店です。

th_IMG_8368

th_IMG_8373

th_IMG_8376

古典的な焼き菓子がずらりと並ぶ店内に又古典的な生菓子がショーケースに並んでいます。
どれも、さすが美味しいですね。この場所でやるにはもったいない。

次なる店に

麻布十番のジェラード屋さんに

th_IMG_8369

「ジェラテリア・マルゲラ」
ミラノの老舗ジェラード店の日本1号店。ピスタチオとミルクをチョイス。とても滑らかで美味しいですね。

このジェラード店からわずか2分のところに次なる目指すハンバーガー屋さんが

th_IMG_8370

th_IMG_8371

「HOME WORK'S」この日2個目のハンバーガー。 ちょっとキツいのですが行きましょう。これは、今日の1つ目の方が断然美味しいです。しかも高いですね。

ここから、銀座に
プレミアム食パンが売れているというお店に

th_IMG_8375

「セントラル ザ ベーカリー」 2斤半ぐらいの食パンが¥840です。
昨日、夕食を食べた、フランスの製粉メーカービロンの新ブランドだそうです。角食パンは、もちっとして、国産小麦の甘みがあります。
ちょっとお高いですが、焼きたてを買えますのでお土産にも最適かも。

そんな、東京出張でした。

2013.9.25.26 東京出張 ヴァローナ特別講習会&東京視察

2013年09月28日

 

今月2回目の東京出張です。
今回は、久しぶりにフランス人による講習会に出てみようと思い参加しました。

場所はいつものドーバー洋酒貿易東京本社。
北陸からは、サンニコラの藤田さん、福井エスポワールの椿原さんも参加しています。

th_IMG_8329

今回の講師はジュリアン・アルヴァレス。わずか10年のパティシエキャリアながら、数々のコンクールで優勝している今注目の若手シェフです。

では、早速講習内容から

th_IMG_8333

ルージュ・エ・ノワール グリオットを使用した酸味があるムース

th_IMG_8335

キコ 柚子とマンゴーを組み合わせた斬新な味覚

th_IMG_8339

ドゥスール・キャラメリゼ ヴァローナの今年の新作ショコラ「ドゥルセ」を使用したムース。グロゼイユと合わせて

th_IMG_8341

ローラ へゼルナッツのビスキュイにトンカ豆のシャンティー

th_IMG_8343

アントンス カフェのクリームに蜂蜜のガナッシュ、ピーカンナッツのビスキュイ

th_IMG_8344

フィンガー・プラリネ・ドゥルセ サブレにパンドジェンヌとプラリネ、ドゥルセのヘーゼルナッツグラサージュ

ざっとこのような内容でした。
かなり奇抜な組み合わせの為、首を傾げるような商品もありましたが、フランス人らしい内容だったのではないでしょうか?

最終プレゼンはこのような感じでした。

th_IMG_8347

th_IMG_8348

th_IMG_8349

th_IMG_8351


th_IMG_8346


講習会も終わり、ホテルのある渋谷に行くときに、エスポワールの椿原さんと夕食を一緒に食べようと言う事になり
そのまま、渋谷のビロンに

th_IMG_8352

th_IMG_8353

いろいろな世間話やら、経営の話やら将来の話やらとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

お酒に弱い二人がワインのボトルをあけて、今にでも寝れそうな状態で解散となりました。

パート2につづく

2013.9.24 食べ歩き

2013年09月28日

 

何か、いろいろとせわしない日々を送っている中でなかなか、外食に行く機会も無く
これでは、いかんと、最近のNEWショップに行ってきました。

まずは、ランチに「アンブロシア」に

th_IMG_8316

th_IMG_8317

th_IMG_8318

th_IMG_8319

若い店主の方ですね。これからでしょう。

つづいて
「HAM&GO」
ここは、内装が素晴らしい。金沢にもこんなお店ができたんだ〜と言いたくなるようなモダンなお店です。
また、来てるお客さんもオシャレだは。(ムッシュのようなおっさんにはようがないかも)

th_IMG_8320

th_IMG_8321

th_IMG_8323

とにかくオシャレです。トイレも必見!

そして、口の中が甘いので唐揚げ専門店に

th_IMG_8325

かなり味が濃いめの唐揚げですが冷めても美味しいですよ。
注文してから揚げてくれるので、どうやっても揚げたてが食べたくなりますが、やけどに注意です。肉汁満載です。

あとは、また甘い物を食べに、いつものたい焼き屋さん「フカザワ」さんに

これで、この日の食べ歩きは終了!

2013.9.10 北國新聞文化センター「ラ・ナチュールのとっておきケーキ教室」

2013年09月28日

 

9月に入ってもまだまだ暑い日が続いている9月上旬にケーキ教室がありました。
まだ暑い日が続いているという事で、南国ジャマイカをテーマにしたお菓子を作る事にしました。
ジャマイカで有名なお酒にはラム酒があり。その酒造メーカーもたくさんあります。
ラム酒と言ったらジャマイカの原産と誰もが思うでしょう。

そんなジャマイカのラム酒の中で洋菓子業界で長い間親しまれてきたのが、マイヤーズラムです。
独特の甘い香りのするラム酒ですが、その特有の香りからか、近年は使うパティシエが減って来ているようにも
思われます。
その、ジャマイカラムをふんだんに使用した「ジャマイカ」というお菓子を作りました。

th_IMG_8297

th_IMG_8299

ビスキュイ ジョコンドにクレームショコラとバナナのムース、バナナのソテーを組み合わせ随所にラム酒を効かせました。

試食では、やはりお酒がキツかったようです。

2013.9.4.5 東京出張 ギフトショー&お菓子屋さん視察 パート2

2013年09月28日

 

東京2日目。
この日は、お菓子屋さん巡り。といっても今回はあるテーマに沿ったお店を
回る事に。
そのテーマは、小さい、焼き菓子をメインとしているお店。
近頃の主流となりつつある、小さいお店。
そんな中で焼き菓子を主力商品に位置づけるお店も増えてきました。

その流れを見るべく2日目は動きます。

その前に、ホテルで優雅な朝食タイム。

th_IMG_8262

th_IMG_8263

最近では、珍しいちゃんとした朝食です。
どこに行っても、バイキングばかりなのにここは、まずはスープから始まり、メインのお皿が出てきます。
パンもウェーターが持って来てくれます。
たまには、こういった朝食も良いですね。

では、まずは白金台にある本当に小さな焼き菓子のお店「ア・コテ」です。

th_IMG_8265

4坪ほどのお店に必要最小限の厨房設備が配置されご主人が一人で作っている焼き菓子専門店。
しかし、ここの焼き菓子のプライスにはびっくり!高い。
場所代なのかな〜。でも、味はおいしかったようです。(ムッシュは食べてないので)

次なるお店は、昨年パリに行ったときにとても衝撃を受けたお店での修行経験のある人がオープンしたお店。
『パティスリー パッション ドゥ ローズ」

これもまた、白金にあるお店です。

赤と白を基調とした可愛らしいお店ですが商品とのギャップがあるお店です。

th_IMG_8266

th_IMG_8267

th_IMG_8268

こじんまりとした店内にショーケースと焼き菓子が並んでいますが、パリのお店のイメージはこのお店からは、感じられません。
商品は、古典から創作までと言ったところでしょうか?これからのお店だな〜という感想ですね。

お昼ごはんを食べに三軒茶屋に来ました。
ここには、芸能人もお忍びで来るマニアックなお店がひしめいている地区ですが、ムッシュの目指す先は、もちろん
ハンバーガーです。
そうここは、「ベーガーバーンズ」の本店があるのです。
そして、ムッシュがバーガー巡りを始めるきっかけになった最初のお店なのです。

th_IMG_8269

久しぶり(5年ぶり)に来ました。まだあったんですね。当時のままです。
今も変わらず、本店は炭火でパテを焼いているんです。

やっぱり美味しい。六本木のミッドタウンにあるのとは、違いますね。

お腹も満たされ、次の目的地に行く途中に1軒の洋菓子屋さんがあるので、立ち寄って
見る事に
「スリール」
資生堂パーラーのシェフをしていた岡村さんのお店です。
ここも、焼き菓子に力を入れているお店です。
焼きっぱなしのタルトが専用のショーケースに並べられています。

th_IMG_8273

th_IMG_8270

th_IMG_8272

モンブランと桃のミルフィーユをチョイス。
ここは、優しい味わいのお店です。

そして次なるお店は、料理研究家のいがらしろみさんのお店です。

th_IMG_8275

パウンドケーキやコンフィチュール、クッキーを中心に展開しているお店ですが、ムッシュにはそそられる商品はありませんでした。

都立大学から、代官山に入る事に

洋菓子界の重鎮、弓田さんの「イル・プルー・ラ・セーヌ」に

th_IMG_8278

th_IMG_8276

th_IMG_8277

ノーコメントです。

つづいて、「松乃助NY」
以前、ここのアップルパイを食べて衝撃を受けた事があり、その後同じようなアップルパイを作った事がありました。

今回は、スコーンを食べてみます。

th_IMG_8284

th_IMG_8280

アップルパイの衝撃はありませんでした。残念・・・

もう、お腹もはちきれんぐらいですので、羽田空港に向う事に

でも本当は、あと3軒ほど焼き菓子のお店を回ったのですが、ひとつ言える事は、小さいお店は、きゅうに休む事が多いということ。
あとは、知らないうちになくなっている事がある事。

やはり小さいという事のメリットとリスクは、あるのでしょう。

空港について、電車の改札を出ると、そそられる文字が
「卵かけごはん」
これは、食べない訳には行かない。ハンバーガーとともにもうひとつの愛すべき食べ物卵かけごはん。

いざ店内に

テーブルの上には、たくさんの生卵が山積みに

早速、卵かけごはんを注文

th_IMG_8285

お変わりは2はいまで卵は2個までOK。これで¥500!

お変わりするつもりは、もうとうなかったのだが、2個目の卵をかけるごはんが無くなり、お腹いっぱいだったのに
2配分のごはんを平らげてしまった。

しばらく、絶食生活をしなければ・・・・





2013.9.4.5 東京出張 ギフトショー&お菓子屋さん視察

2013年09月28日

 

久しぶりにギフトショーに行ってみる事に。
5年ぶりぐらいでしょうか?

なにせ、ギフトショーは見るとこ目白押しでちゃんとみてるととても1日では見切れないほどの
規模なのですが、重要ポイントのみを今回はかいつまんでみて行く事に。

th_IMG_8241

th_IMG_8243

相変わらずとても凄い人の数です。
歩くのにも苦労するぐらいです。

お店のディスプレイに使えそうな備品や計器がたくさんありとても面白い展示会です。

散々、歩き回ってなんとか一通り見る事が出来たので、会場をあとにする事に

宿泊先は、銀座のモントレラスール。

夜ごはんは、今回の出張に取ったチケットに付いていたクーポンで天ぷらを食べる事に

th_IMG_8250

安いチケットだったのに銀座の天國で天丼を食べれるなんて、ちょっとラッキー!

帰りには、アンリシャルパンティエの銀座本店にてケーキを買ってホテルで食べる事に

th_IMG_8254

ぶどうの形をしたデザインが特徴的な商品ですが、味は今ひとつ。

こうして東京の初日はあっという間に終わるのでした。

パート2につづく

2013.9.1 送別会

2013年09月28日

 

約2年働いてくれたスタッフが9月いっぱいで退社する事になりました。
彼の仕事に対する、姿勢には学ぶところがたくさんあったスタッフの一人です。

元々、料理人だった彼は、また料理人になる為に東京のお店を選びました。

なかなか、ステップアップして行く若者が居ない中で、本当に頼もしい限りです。

いつか、大きくなって金沢に戻ってくるのを楽しみにしています。

しかし、送別会をするのにココスというのは、ムッシュの選択種の中にはないのですが、
最近の若者は、面白いですね。(あっ、これおっさん発言だな)

th_IMG_8240

でも、意外とおもしろいな〜

2013.8.26 弾丸東京ドライブ

2013年09月28日

 

我が家に、新たに加わる家族を迎えに早朝6:00に金沢を出て一路、関東へ

北陸道から関越に乗り継ぎまずは埼玉、春日部に

ここには、もう9年ぶりぐらいに訪れるお店があり、
立地的にもなかなかくる事が難しいお店なのですが、
今回は、用事のまえに途中下車して寄ってみる事に

th_IMG_8217

th_IMG_8218

th_IMG_8220

th_IMG_8221

「オークウッド」
新宿のパークハイアットのシェフをしていた横田さんのお店です。

出来た当時に来たのですが、その頃はまだ周りにほとんど民家も無く、木もこれほど、うっそうと茂っても無く、
カフェもまだ併設されていなかった頃でしたので、この変わりようにはちょっとびっくりしました。

でも、ケーキの販売店舗は、あまり変化がないようにも感じます。
カフェで、ケーキとランチを頂く事に。

th_IMG_8222

th_IMG_8223

th_IMG_8224

th_IMG_8225

th_IMG_8226

ケーキは、桃のショートケーキ、桃のパリパリタルト、ルバーブのタルトです。

雑誌などにも出ている、このお店の定番商品ですが、期待値が高かったのでしょうか?首をかしげるしかありません。

気を取り直して一路目的地の千葉県香取市まで

再び関越に乗り、首都高を乗り継いで湾岸線から東関東道へ

予定時刻は14:00には目的地に付く予定だったのですが、春日部から高速に乗るまでが渋滞渋滞に巻き込まれ
タイムロスを
途中、香取インターからおりて、道を間違えさらにタイムロス。
しかし、皆さん香取市ってどこにあるかご存知ですか?

利根川の河川敷に目的地があるのですが、利根川を渡ると茨城県なんです。

遠いですね〜
金沢を出て、9時間30分とうとう目的地に到着。
ここは、犬のブリーダーの犬舎があるところです。

始めて見る我が家の新しい一員です。

th_IMG_8233

柴犬の名前は「ブラン」白いからそのままフランス語の白という言葉にしました。

手続きを済ませて、車にブランをのせていざ金沢まで約700km。

さぁ、家に着くのは何時になることやら

来た道を、戻り都内の首都高に差し掛かります。
ここまでは、順調。
でも、やはり首都高に入ったとたんに、渋滞の案内がナビから聞こえます。
この先、渋滞5キロ、通過に50分。
この案内が繰り返され、いっこうに進まない首都高をおりて下道を走ろうとおりてみても
右も左も渋滞。

th_IMG_8228

th_IMG_8229

都内に入ってから2時間が過ぎても、まだ日本橋界隈を右往左往している状態。

もう一度、首都高速に戻り、なんとか関越のスタート練馬まできました。

ノンストップで走り走り走り今日中の帰宅は無理と諦めていたのですが、23:00には帰宅する事が出来ました。
やれば出来るんだな〜

こうして、新しい家族を迎える弾丸ツアーは幕を閉じました。

今では、このブランに振り回される日々を送るムッシュファミリーでした。

2013.8.22 お誕生日の食事会

2013年09月28日

 

夫婦揃って8月生まれということで、ワイフのお父さんが夕食をごちそうしてくれました。
場所は、寺井の「アターブル」
近頃、ちまたで話題のお店です。

では、食事内容ですがコースしかないらしく中間の4000円ほどのコースだったそうです。

まずは、アミューズ

th_IMG_8204

生ハムとフリットです。

th_IMG_8205

冷たい前菜はサバのテリーヌ

th_IMG_8207

暖かい前菜はフォアグラとなすのソテー

th_IMG_8208

ポタージュスープ 何味だったか忘れたのですが、ベーコンが聞いていたのだけは覚えています。

th_IMG_8209

魚料理 帆立と白身魚のロールキャベツ、イカスミソース

th_IMG_8210

肉料理 子羊のロースト

th_IMG_8211

メインで終わりかと思ったらさらにパスタが出てきました。アスパラとイカのペペロンチーノ

th_IMG_8212

そして最後のデザートは、パティシエの奥さんのデザート。「メッセージつきの」

これだけ付いて¥4000ほどってものすごいコスパ高くないですか?

今年一番のコスパかもしてません。

リーズナブルに食べたい人にはうってつけのお店ではないでしょうか?

お父さん、ごちそうさまでした。

2013.8.13 北國新聞文化センター「ラ・ナチュールのとっておきケーキ教室」

2013年09月28日

 

夏も本番、お盆初日にいつものケーキ教室がありました。

夏の商品ということで、「レモンパイ」を作る事に

パイ生地にクレームダマンドを入れて流し込んで焼いて、さらにその上からベイクドチーズのアパレイユを流しもう一度
焼き込みます。
レモンのジュレの入った軽いレモンムースを乗せて、周りにパイくずを貼付けたら、ナチュールのレモンパイの完成です。
あっさりとした夏向けのお菓子ですが、行程は、意外とあり生徒さんも一苦労だったようです。

th_IMG_8188

教室用にひとつずつポーションで作りましたが、これもかわいくて良かったですね。
来年は、ポーションにしてみようかな?

12»