ブログ

2015.6.19〜26 ベトナム(ホーチミン・ハノイ)&カンボジア(シェムリアップ)世界遺産の旅 パート3

2015年06月27日

 

この日は、フリータイム
まずは、地元のスーパーで買物!

そのあとはアンコール国立博物館へ

th_IMG_1974

th_IMG_1970

中では、撮影禁止ですのでこの程度ですが、先にここにきてアンコールワットの知識を入れてから遺跡を見た方が良いかもしれません。

そうすると、もっと遺跡の様々な意味が見えてより楽しく見れると思います。

その後、昼食をラッフルズホテルにて

th_IMG_1976

th_IMG_1977

流石はラッフルズですね。
格式が高くて、こういったアジアの雑多のなかのオアシスのように思えます。

シェムリアップ市内をゆっくりと散策して夕方のフライトまで時間をつぶしますが
これと言って、見るものがないのも事実ですかね。

th_IMG_1984

th_IMG_1983


あ〜そいいえば、道の至る所にこういう標識があるんです。

th_IMG_1980

ここだけ、道に凸凹が付いていてそれがかなり盛り上がっているので速度が速いと大変な事になるので、ここでは最徐行で走るんですけど
けっこう、この標識があるんで、結局、車の速度は徐行程度なんですよね。

そして、シェムリアップ空港へ

18;20発ホーチミンへ

th_IMG_1985

やはりなんですが、これがまた遅れるんです。

約1時間遅れでホーチミンに到着!

ここで、先週、日本のベトナム大使館で取って来たビザでトラブルが。
入管で、おそらくですが、(英語がわからないので)始めてのベトナムなのになんでビザを持っているんだ!みたいなことを言っているようです。

ここで、ムッシュの通訳、ワイフの登場!
また、すぐ来るからとの説明をしてもらったのですが、何か納得いかないような表情で通されてとりあえずは入国が出来ました。

ホテルへ到着後、夕食を取りに近くにあるレストランへ

「SHガーデン」

th_IMG_1992

th_IMG_1987

th_IMG_1988

th_IMG_1989

th_IMG_1990

th_IMG_1991


また、カンボジアと味がかわってさらに食べやすくなったように感じます。

でも、青パパイヤのサラダは、パクチーと味付けがムッシュ的には苦手ですね。

明日は、ホーチミン市内観光だ

パート4に続く

2015.6.19〜26 ベトナム(ホーチミン・ハノイ)&カンボジア(シェムリアップ)世界遺産の旅 パート2

2015年06月27日

 

この日は、ツアーに入っているので1日観光ですが
まず、アンコール・ワットの朝日を煮る為に4:40ホテル集合

そこからアンコールの遺跡を見る為に必要なチケットを取りに行きます。

th_IMG_1851

th_IMG_1852

まだ暗い中にたくさんの観光客がチケットを取りに来ていました。
でも、この照明にどでかい羽蟻が凄く飛び交っていてもう虫だらけ

顔写真入りのチケットを20ドルで購入!

th_IMG_1969

これが、至る所で提示を要求されるんでほんとうに大事です。

そして、いよいよあのアンコールワットに

th_IMG_1855

th_IMG_1859

まだ、日の出前の薄暗い中たくさんの人が既に朝日のベストポディションを陣取っています。

そして、だんだん明るくなって行きます。

th_IMG_1861

th_IMG_1866

th_IMG_1869

ここまで、見たところでいったんホテルに戻り、朝食を食べます。

そして、再び出発!

午前中は、アンコール・トムを見学!

南門から

th_IMG_1887

th_IMG_1893

この門の間を車が通り抜けて行くのが、ムッシェ的にはあり得ないんだけど

th_IMG_1895

門をくぐると
しばらくしてアンコール・トムが現れます。

th_IMG_1902

このアンコール・トムもなかなか凄い遺跡ですよ。

古さでいったらアンコール・ワットより1世紀程古い訳ですから

そして、このアンコール・トムは現在、カンボジアと日本が協力して修復作業をしているところだそうで、至る所で工事中でしたので
入れるところも限られている感じですかね。

でも、中には目を見張るすばらし彫刻や建造物に圧倒されます。

th_IMG_1904

th_IMG_1906

th_IMG_1907

th_IMG_1910

th_IMG_1941


35度の炎天下の中、歩き回ってカフェにて簡単な昼食と休憩

th_IMG_1946

そして、午後からアンコールワットへ

まぁとにかくデカいですわ!

ここでも散々歩きました。もう日焼けして首筋ヒリヒリしてきます。

塔の一番上に行ける階段で頂上へ

th_IMG_1950

でも、こんなおおきな遺跡がずっとジャングルの中で発見されず残っていたって凄いですね。
ただただ関心です。

しかし、この階段今は、新たな階段を付けてあるのですが、それでもかなり急な階段です。

th_IMG_1954  

th_IMG_1958

アンコールの写真はたくさんあるのですが、それだけで大変ことになるのでこの辺で

アンコール・ワット観光を終えて既にヘトヘトなのですが、なんとこれから

プノンバケンの丘へ登って夕日鑑賞だそうです。

もう、勘弁して下さいと言いたくなるようなハードツアー

th_IMG_1959

結局この丘の上にも遺跡があるのですが、その上に登ってもそこからアンコールワットは見えないので、そのまますぐに降りて来てしまいました。

あとは、夕食の「アプサラダンスのディナーショー」です。

th_IMG_1964

食事は、カンボジア料理のビュッフェスタイルでした。

ツアー初日から、どっと疲れるハードツアーでこの日は速攻で眠りに落ちました。

2015.6.19〜26 ベトナム(ホーチミン・ハノイ)&カンボジア(シェムリアップ)世界遺産の旅

2015年06月27日

 

一段落ついたので春休みをもらい、家族でアジア旅行に行ってきました。
6泊8日で2カ国3都市をまわる意外と過酷なスケジュールの旅が始まります。
19日の夜中2:30に金沢を出発して関西国際空港へ出発!

という事でもちろんムッシュは、前日最後の北國新聞文化センターの夜の部の教室をして来ているので
帰宅時間は、22:30ほとんど寝てる時間がない。

ほんの少しの仮眠を取った程度でしたが、仕方ないですね。
順調に走行することができたので、関空には予定より1時間程早く6時には到着。

予約してあった駐車場の人に車を渡して、関空内へ

10:25フライトなのでチェックインまでしばらく時間をつぶしてから
チェックイン

そのあとは、いつも通り和定食の朝食をとるため飲食フロワーへ

そして、10:25分まずはベトナム航空機にてトランジェットの目的地ベトナム・ホーチミンへ

th_IMG_1824

th_IMG_1825

機内食が早々に出てきましたが、和食をチョイス

th_IMG_1826

これが、やはり旨くない。

そして、予定時刻どうり現地時間13:50ホーチミン着

次のカンボジア・シェムリアップへのフライト時間は16:30

その間、空港内で食事

th_IMG_1827

th_IMG_1829

空港内のフードコートでフォーを早速食べてみる事に
意外と旨いかも?

そしてカンボジア・シェムリアップへ

th_IMG_1831

17:30シェムリアップ空港へ到着

カンボジアは、入国にビザが必要なため入国審査へ行くのですが、その建物までそこそこ歩かされる。

th_IMG_1832

th_IMG_1834

th_IMG_1835


そして建物に入ってからほとんど表示がないので、そのまま入管へ行ったら凄く怒られて、手で追い払うようにあっちへ行けとの事

どうやら先にビザを取るところがあるらしい。
でも、なんにも書いてないんだよ!

ビザを30ドル払ってもらって、再び入管へ

ここでは、両手の指紋、顔写真などかなり厳しくやられます。

これでようやく入国する事が出来ました。

現地のガイドさんにホテルまで送ってもらってまずは、ひと安心。

夕食を取りに早速、街へ繰り出します。
ホテルで、トゥクトゥクを呼んでもらってオールドマーケットにあるレストランへ

th_IMG_1842

「チャンペイ」
王国レシピを取り入れたカンボジア料理のレストランだそうです。

th_IMG_1836

th_IMG_1837

th_IMG_1839

th_IMG_1841

アジアの香りたっぷりですが、以前に行ったタイ・バンコクよりは食べやすいですね。
パクチーは入っていますが、そこまで入ってなくて大丈夫の範囲内でした。

翌朝は、早いので早々にホテルに帰って寝ます!


パート2へ続く

2015.6.15.16 東京出張

2015年06月18日

 

東京へ行ってきました。
今回は、新しい展示会の案内が来たのでその視察と今月と来月に行くベトナムに入国する為に
必要な、ビザを申請に行く事と東京視察です。

まずは、東京に着きベトナム大使館へ向います。

th_IMG_0241

東南アジア諸国には、ビザが必要な國が多く、いままでにもインドネシアにてビザが必要で、この時はジャカルタ空港にて、申請したのですが訛りのキツい英語で全く
言ってる事がわからず大変な目にあった教訓を生かして、先にビザを申請しておく事に。

ただ、ここ大使館内はベトナム時間ということもありとてもルーズ。

とてもスピーディーに仕事をこなしているようには見えません
調べてから言っているのですがネットの情報では、朝一に行かないと午前中にビザが発行されないとの事。

という事もあってまずは、大使館へ行って申請を済ませます。
ほんとうに、ベトナム時間でたくさんの人が申請に来ているのですが係員はのんびりムード。

受けつけで、怒鳴って帰る人や、何度も受付でビザの延長に付いて問いただしている人、そんななかでも
係員の態度は変わらず。お国柄ですよね〜

待つ事、1時間半。

無事にビザが発行されました。

という事で、東京視察に入ります。
まず向ったのは、「SUSUCRE」
最近デパ地下にも出店した焼き菓子専門店。

th_IMG_0242

th_IMG_0243

th_IMG_0244

th_IMG_0245

th_IMG_0285

th_IMG_0286

th_IMG_0287

th_IMG_0288

th_IMG_0289


今までにも焼き菓子専門店には何軒か伺っていますが、ここはクオリティーが高いですね。
上新粉を多用する事によって、サブレの口溶けをほろほろにするようにしているのが特徴的です。

次に、向った先は二子玉川。

th_IMG_0246

th_IMG_0247

th_IMG_0258

th_IMG_0259

駅前の東急が作った商業施設へ

話題のTSUTAYA家電などオシャレなお店が入店している話題スポットに
今回、お昼ごはんを食べに行くます。

th_IMG_0248

th_IMG_0249

th_IMG_0250

th_IMG_0258

th_IMG_0252

th_IMG_0253

th_IMG_0254

th_IMG_0255

th_IMG_0256

th_IMG_0251

スペインバルのお店でスペイン王室御用達「Mallorcaマヨルカ」

以前にバルセロナで同じようなおみせに行ったのですが、そのお店よりも数段上のクオリティーですが、さすがは王室御用達お値段はそれなりにしますね。

代官山へ
ここにもあたらし施設が出来たのですが

話題のお店が2軒急遽出店取りやめになってしまいました。

th_IMG_0262

th_IMG_0264

th_IMG_0266

「LOGROAD」

本来なら、ブルーボトルやクロワッサンドーナッツの日本初上陸店などの話題があったのですがそれが無いとなると
この先不安な、感じの店並びですかね。

ちなみにここのドーナッツ屋さん「大人なドーナッツ」だそうで、アルコールを使用しているものが多かったです。


夕食は、銀座の「俺のフレンチ」へ

th_IMG_0283

th_IMG_0268

th_IMG_0269

th_IMG_0270

th_IMG_0271

th_IMG_0272

th_IMG_0273

th_IMG_0276

th_IMG_0277

th_IMG_0278

th_IMG_0280

th_IMG_0281


相変わらずのボリューム感でコスパは素晴らしいですね。

料理はそこそこなのですが、ムッシュ的にはデザートが今ひとつに感じるのは本業だからでしょうか?

ホテルへ帰るエキナカで大福を見つけたので買ってみました。

th_IMG_0284

楽天ランキング1位とか書いてありましたけど、普通の大福でした。


そして、翌朝。

朝食を「ル・パン・コティディアン 芝公園店」ヘ
ベルギー発祥のパン屋さんなのですがムッシュはベルギーのお店を含めると3回目の訪問。
前回は、この店ができたばかりでしたので、4年前ぐらいでしょうか?

th_IMG_0290

th_IMG_0292

th_IMG_0294


その時は、ベルギーのお店と同じような感じでまだ良かったのですが、
久しぶりに訪れると、だいぶ本国とはかけ離れているサービスに変わってしまいましたね。

まず、出てくるパンの量が以前は、バスケットにたっぷりと様々なパンが盛られていたのですが、
今回は、バケットの4CMスライスが1枚だけ。

前は、その大量のパンを楽しむ為のジャムやスプレッドが各テーブルにたくさん置かれていたのに
今では、大きなテーブルの端っこにまとめて置いてあって取りに行かなくてはダメ。
っていうかそのジャムを使うだけのパンが出てこない。

にも、関わらず価格は変わらず。これではちょっといけませんよね。

そして、展示会のあるビックサイトに向います。

th_IMG_0296

th_IMG_0295

始めての展示会でしたが、今回はカフェの業態が同時開催という事もあり、かなりマニアックなブースもあったりで久しぶりに面白い、見所のある展示会でした。
あとは、ここで仕入れた情報を地元問屋さんが取引してくれるのかが問題ですけど。

飛行機の時間まで、神楽坂にあるデセール専門店へ

th_IMG_0302

th_IMG_0298

th_IMG_0299

th_IMG_0300

「アトリエ・コータ」
ここのデザートはおいしいですね。
T.Yより良いんじゃないかな。

このマンゴーのスフレパンケーキはかなりうまいです。

最近ろくなパンケーキを食べていなかったので、ようやく美味しいのを食べたって感じですね。

神楽坂を散策して、今回の出張は終了です。

2015.6.8~12 グルメ三昧

2015年06月14日

 

先週はまれに見る贅沢な1週間でした。

まず、外食をしようという部活で出向いたのは「MOTHER’S」さん

th_IMG_1677

th_IMG_1678

th_IMG_1679

th_IMG_1680

th_IMG_1681

th_IMG_1683

th_IMG_1684

th_IMG_1689

楽しい仲間との食事は、時間があっという間に過ぎてしまいますね。
久しぶりのMOTHER’Sさんでしたが、いつ内装がかわったのでしょう?
ムッシュが前回来たのはもう、10年ぐらい前かもしれません。

そして、翌日別件での食事会。
この日はかねてからムッシュが気になっていたフレンチ[ベルナール」さんへ

th_IMG_1690

th_IMG_1691

th_IMG_1692

th_IMG_1693

th_IMG_1694

th_IMG_1695

th_IMG_1696

th_IMG_1697

th_IMG_1698

th_IMG_1699

最近の若手のフレンチは皆、独創的な味覚とデザインをお持ちですね。
ムッシュも刺激になる事ばかりです。

そして、翌日外出先での打ち合わせのあとで久しぶりに蕎麦を食べに「喬香」へ

th_IMG_1700

th_IMG_1701

ここの店主はナチュールの卒業生なんですが、なぜ蕎麦屋かって?
まぁ細かい事は抜きにして、昔の教え子の顔を見ながら話をしながらの食事でした。

そして、年に何度か開かれる「菓子会」の食事会となります。
今回は、リクエストもあった「フランス料理MAKINO」さんへ

移転してからムッシュは始めての訪問となります。

th_IMG_1716

th_IMG_1717

th_IMG_1718

th_IMG_1719

th_IMG_1720

th_IMG_1722

th_IMG_1723

th_IMG_1724

th_IMG_1725

th_IMG_1726

本当に品数が多いですね。
先日のベルナールさん、タワラさん今回のマキノさん、何か和食の割烹のような雰囲気を感じます。
マキノさんはそれほど大きなお店ではないのですが、サービスのスタッフが多くて、演出的なサーブで楽しませてくれます。

いや〜、本当に良く食べた1週間でした。

でも、明日から東京出張なんだけど・・・

2015.6.5 チーズケーキの日

2015年06月07日

 

毎月5日は[チーズケーキの日」です。

今月のケーキは「抹茶のニューヨークチーズケーキ」

th_IMG_1662

抹茶のチーズケーキ生地の中に小豆と求肥を入れて焼き上げて、
上には、苦めの抹茶クリームを絞りました。

そして、兼ねてよりしようしようと思いながら、先延ばしになっていた店頭の模様替え

th_IMG_1671

スムージーをこの日から始めてので、ちょっと休憩にも座って頂けるスペースを設けました。

2015.6.2 北國新聞文化センター「ラ・ナチュールのとっておきケーキ教室」最終回

2015年06月07日

 

先日、実に15年間続けて来た北國新聞文化センターのお菓子教室が最終回を迎えました。

この間に、生徒さんとしてムッシュの授業を受けて頂いたたくさんの人たちに感謝しております。

そして何より、10年以上この教室に通い続けて頂いた生徒さん、中には15年間ずっと通ってくれた生徒さん。
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

この教室を始めたきっかけは、このクッキングサロンが出来たときにケーキ教室をしたいとの要請が
メープルハウスにきて、当時メープルでシェフをしていたムッシュが、受け持つ事になったのですが、
その後、メープルを退社後もムッシュの教室を継続して頂いた事にも感謝しております。

一口で15年といいますが、生まれた子供が高校生になるまでの長さです。
ムッシュもまだ28歳の若造で偉そうに先生と呼ばれていました。

この日は、ドイツ菓子の最終回「マジパン・ザーネ・トルテ」を作ります。
ドイツ菓子といえば、マジパンをよく使うですがそのマジパンを生地とクリームに使ったお菓子です。

th_IMG_1647

th_IMG_1650

th_IMG_1651

このお菓子と前回作った「マローネン・ザーネ・トルテ」も一緒に少し長い試食タイムです。

th_IMG_1646

th_IMG_1649


一人の生徒さんが過去のレシピを大事にファイルしてあるのを、持って来てくれました。

th_IMG_1652

th_IMG_1653

この厚み、まさしく15年分です。
ムッシュも、この15年間絶えず新しいレシピを出し続けた結果ですが、お茶のときにはあれが美味しかった、まずかったなど
ぶっちゃけトークで盛り上がりましたが、生徒さんから

th_IMG_1655

花束を頂き、15年の歳月にピリオドうつ事になりました。

本当に、たくさんの思い出の詰まった教室でした。

今まで、携わって頂いた方に「本当にありがとうございました」