ブログ

2015.11.12~19 ロンドン&パリ旅行 パート5

2016年01月17日

 

パリ2日目。
この日はとにかくケーキ屋さん巡りです。
パリも3回目ですので、何となくあ〜ここあれだよね。とか、ここ来たよねってのが出てきます。
まず訪れたのは、ブリオッシュの専門店!
[GOUT DE BRIOCHE]

th_IMG_4016

th_IMG_4014

th_IMG_4015

th_IMG_4074

ほんとうにパリは、専門店化が進んでいます。

日本でいうわっぱにブリオッシュを入れて焼いてあるんですが、バリエーションは、アプリコットを練り込んだ物やプラリネを練り込んだ物、ベリー系を練り込んだ物などがあり、ブリオッシュだけで
こんなお店ができるんだって感じ。

そして次なるお店は、コンフィズリーの専門店。
[MEERTS]

th_IMG_4017

th_IMG_4066

th_IMG_4084

店内には、キャラメル、パートドフリュイ、ボンボン、チョコレート菓子、飴などが所狭しと置かれていて、どれにしようか迷ってしまうお店でした。

そして、またしても専門店ですが
今度は、エクレールの専門店。
「レクレール・ドゥ・ジェニ」
現在、パリに3店舗から4店舗程展開しているお店です。

th_IMG_4020

th_IMG_4018

th_IMG_4019

th_IMG_4021

th_IMG_4022

買ってみたのは、タルトタタンとキャラメルサレ
エクレールで様々なお菓子を作っているというところは、ナチュールグループで展開しているサロンドシュークルのタルトの展開と共通するところがありますね。
でも、シュー生地がふにゃふにゃでとっても残念でした。

次なるお店は、有名店が次なる展開をした2号店へ
「ジャック・ジュナン」

前回のパリに行った時に印象に残ったお店でしたが、今回はコンフィズリーの専門店をオープンさせました。

th_IMG_4023

th_IMG_4067

th_IMG_4068

ちょうど先日、テレビを見ていたら「マツコの知らない世界」で楠田江里子さんが紹介をしていましたね。
お店は、シンプルで洗練された雰囲気でほとんどお客さんがいないので、ちょっと緊張してしまいます。

パートドフリュイは、とてもあっさりとした感じですね。フレッシュ感があるといったところでしょうか?
ボンボンは、優しい味わいんい仕上がっています。

次なるお店に向う途中に、有名店「HUGO VICTOR」を発見!

お菓子が作品として扱われていて前回に訪問した時には買いづらくて買えなかったのですが、今回は
ケーキも普通に並んでいてディスプレイの仕方がだいぶ変わっていたように思われました。

th_IMG_4024

th_IMG_4026

カシスマロンを買ってみました。
これは、普通に美味しいですね。
フランスらしい味わいでした。

そして今注目の日本人シェフのお店へ

「MORI YOSHIDA」

th_IMG_4031

th_IMG_4027

th_IMG_4028

th_IMG_4029

th_IMG_4030

th_IMG_4032

日本人のお店ですから、当然日本人スタッフが接客してくれますので、安心していろんな事が聞けますよね。

モンブランと紅茶を使った商品だったと思うのですが・・・・
まず、味がとても薄い?軽い?
最近のパリのお菓子は全体的に軽くなって来ているのですが、味がぼけてしまって何を食べてるのか分からない感じ
パリも重たいのが嫌われるのですかね?

そして、ランチへ
すぐ近くの地下鉄の駅前にあったカフェに入ってみます。

th_IMG_4039

th_IMG_4037

th_IMG_4038

たくさんのお客さんで賑わっています。とても狭い席に無理矢理入れてもらいました。
だから後ろのお客さんは、僕たちがどかないと出れない感じでしたけど。

鴨のコンフィとオムレツを頼んでみる。
鴨のコンフィーはやっぱり美味しい。
でも、ワイフの頼んだのがとても塩っぱかったみたい。

では、次なるお店へ
「ラデュレ」といえばもう日本でもおなじみのマカロンが有名な老舗パティスリーですが
そんなラデュレがショコラティエをオープンしたので、そちらに

th_IMG_4040

th_IMG_4042

th_IMG_4064

th_IMG_4069

さすがに、パリはテロの影響で高級店や高級ホテル、百貨店などに入る時には手荷物検査を受けないと入れないようになっています。
ラヂュレも、手荷物検査が必要でした。

非常にゴージャスな、流石はラデュレといわんばかりの店内に悠然とボンボンショコラが並んでいます。
特徴的なラデュレのロゴマークをあしらった物と、普通のボンボンを買ってみました。
非常に薄いタブレットのなかにちゃんとガナッシュが入っています。
香りは高いガナッシュは、日本人からすると少し香りが強うように感じました。
普通のボンボンショコラは、普通でしたね。

そして、近くにある「アンジェリーナ」でお茶をしたいとの熱烈アピールがワイフから・・

アンジェリーナといえば、ここもパリでは、老舗のパティスリーですが、有名な物はもちろんモンブランです。
日本でも昔からデパートや高級商業施設にありますよね。

th_IMG_4044

th_IMG_4045

th_IMG_4043

ゴージャスなサロンにはセレブなマダムたちが優雅にお茶を楽しんでいます。
そして、もちろんモンブランと共に。

大きくて、日本ではハーフサイズがあるのですがフランスにもあるんですね。
当然、ハーフサイズを頼んだのですが、本場のモンブランは今まで食べた事が無かったのですが、
これは、日本のと全然違います。
血糖値が瞬間的に上がる程の強烈な甘さです。
これは、さすがにムッシュも食べれませんが、お隣の品の良いご年配のマダムはぺろりと平らげました。
さすがです。

そして、前回に来た時に美味しかったお店に
「カール・マルレッティー」

th_IMG_4048

th_IMG_4047

相変わらず美しいケーキが整然と並んでいます。

このなかから気になる物を

th_IMG_4059

th_IMG_4061

th_IMG_4062

このお店の味は変わらず美味しいですね。
でも、フランスサイズのケーキは食べ歩きをしているムッシュたちには、キツすぎます。
半分のサイズで、値段も半分にして欲しい!

この近くの通りにはいろんなお店が建ち並んでいてとても面白いんです。
だから、散歩しながら次のお店に行きます。

th_IMG_4049

th_IMG_4050

th_IMG_4051

th_IMG_4052

th_IMG_4054

th_IMG_4055


そしてたどり着いたのは、昨日お休みで入れなかったお店。
まずは、マドレーヌ専門店。

「MADELEINES」

th_IMG_4056

th_IMG_4057

th_IMG_4058

th_IMG_4076

th_IMG_4078

見て下さい。本当にマドレーヌしか売ってない。
それとこのパッケージ。

マドレーヌの形をしたプラトレイですよ。これ作るのにいくらしたの?
パリのパッケージは本当に凝っていますね。これ作るの安いのかな?
でも、このマドレーヌが1個400円だからガッツリパッケージ代入ってるよね。

そして、この日のラストは、「ジル・マーシャル」
今日は,開いてました!
入るなり、いらっしゃいませの日本語!
あれっ!日本人だ。

日本人がお菓子屋さんで働いてるの多いですよね〜って思ってましたが、帰国後
、メーカーさんに聞いて所、その日本人の女性は奥様だったらしい。

すごいな〜

ここで、当然たくさんのお菓子屋さんの袋を下げて入店しているので、ムッシュがパティシエってことも
バレバレで、ちょうどいいからいろんなこと聞いちゃいました。

th_IMG_4072

th_IMG_4070

いった時に、マドレーヌ専門店の袋を見て、そこのマドレーヌよりうちのマドレーヌの方が美味しいよってマダムがいってたとうり、
このお店の商品は、本当に美味しかった!

そして、11件にのぼる本日のミッションは終了!




2015.11.12~19 ロンドン&パリ旅行 パート4

2016年01月07日

 

そしてロンドン4日目の朝です。

th_IMG_3933

ホテルから見える朝焼けです。

このホテルとも今日でお別れです。
そうです。この日はパリへの移動日なのです。

最後に安いホテルの中身を

th_IMG_3934

th_IMG_3935

th_IMG_3936

これだけ。

シャワーは、温度がめまぐるしく変わり片時も油断を許さない恐怖のちょう狭いシャワー場所と言ってもスミッちょに60cm角程の
洗濯機置き場のような物があるだけですが。

そして部屋もシングルが2つ置いたらほぼ通るのも困難な通路が出来るぐらいしか残りませんと言った部屋でした。

当然、朝食はインスタントコーヒーのスティックが置かれていて、お湯をセルフで入れてねって感じ。ミルクなど無し。
パンは、薄くスライスされた食パンが2種類、のみ。

ハムとかソーセージ、卵なんてある訳もなく。

当然、泊まっている宿泊客も安く揚げよう!という感じの人たちばかり。そんなムッシュもその中の一人名だけど・・・・

という事で、早速パリに向うべく荷支度を整えてなんですが、

ちょうどムッシュたちがロンドンに着いた時に今から向うパリでは、大きな同時多発テロが発生していて、
何人かの友達や知人から安否を気遣ってメッセージが来ていたのですが、ロンドン市内はおだやかなもので
全然、テロの事など関係無いような街中でしたが、日本のニュースなどをウェブで見ると凄い事になっているみたいで
本当に、パリに入れるのかな?とも思っていたのですが、まぁなんかあれば、旅行会社から連絡が来ると思っていたのですが、
結局、移動日になっても何の連絡も無い。

じゃあ、とりあえず駅にまで行ってみようという事で、ユーロスターの駅へ

th_IMG_3937

th_IMG_3938

th_IMG_3942

本当に海外の駅ってかっこいいよね。
そしてこの駅は、ハリーポッターの撮影で使われた事でも有名ですよね。

まだまだ時間があるので、この大きな駅のなかを探索。

th_IMG_3948

th_IMG_3949

すると、目の前にとてつもなくデカいクリスマスツリーが。
でもよく見るとこのツリーは何か違うもので出来てる。

ぬいぐるみだ!それも全部ディズニーのキャラクターのぬいぐるみで作られているツリーでした。
こんなの、熱狂的なディズニーオタクが見たら凄そうですね。

そして、朝食を駅構内のパティスリーカフェにて

th_IMG_3951

th_IMG_3952

th_IMG_3954

どの国に行っても思う事は、パンはどこに行っても美味しいですよね。
でも、ケーキは本当にダメだね。
ワイフが食べたいと言って買ったレアチーズケーキなんだけど、結局美味しくないと言って食べない。
見るからに美味しそうでは無いのに、どうして頼んだのか不思議?

そして、いよいよユーロスターのホームのある構内に

当然、国境をまたぐ訳ですら、入管があって、飛行機とおなじように手荷物検査と身体検査を通って待ち合いロビーに。

っていうか、難なくクリアーしたけどパリに入って大丈夫なの?

疑問の残るなか、いよいよユロスターに乗り込みます。

th_IMG_3958

th_IMG_3959

th_IMG_3961

th_IMG_3964

th_IMG_3970

これって、ドーバー海峡の海の下を走るんですよね。
なんかワクワクします。

パリの北駅までの所要時間は2時間15分なんですよね。

隣でも、ワイフがいつ海に入るのかわくわくしながらいたのですが、途中に何度か長いトンネルがあり、気づいた時には既にフランスに
入っていたので、どこが海底だったのか全く分からずじまいで、そうこうしている間にパリに到着!

本当に早いですね。
2時間15分ですから、北陸新幹線で金沢〜東京よりも早いんですから。

そして、駅から出る時は、何のチェックもなくそのまま外に出る事が出来ちゃうから
なんとも、不思議?

th_IMG_3973

そして、北駅のすぐ近くのホテルだったのでそのまま、歩いてホテルへチェックイン。

まだ、夕方前なので今回たくさん回らなければ行けないケーキ屋さんをとりあえず、近場から回る事に

th_IMG_3975

「ジル・マーシャル」
何と休みでした。
なかで、棚をつけている作業員がおちゃらけていましたが・・・

th_IMG_3977

次に向った、マドレーヌ専門店。
シャッターが閉まってる。また休みだ・・・・

仕方なく付近を散策していると、なかなか良い感じのブーランジェリー&パティスリーを発見!

th_IMG_3978

th_IMG_3981

ムッシュも知らないお店だけど、いい感じです。早速、クロワッサンとオペラ、マカロンを買ってみる事に。

th_IMG_3981

th_IMG_3982

th_IMG_4011

うん!これはいい!
その辺にある有名パティスリーよりクオリティーが高いですね。

ロンドンで、クオリティーの低いお菓子を見続けて来たから、めちゃくちゃテンションが上がりますよね。

そして、少し歩くとまたまた面白いお店が。
パリでアメリカンクッキーの専門店!

th_IMG_3985

th_IMG_3983

パリでもこんなお店ができるんですね。

そして、繁華街へ

th_IMG_3999

th_IMG_3997

プランタンです。
相変わらず派手派でしいデパートです。

ここのショーウィンドウもロンドンのハロッズに負けず劣らずですよ。

th_IMG_3991

th_IMG_3992

th_IMG_3993

th_IMG_3994

th_IMG_3995

こちらも、動いてました。

そして、お隣のラファエット

th_IMG_4001

th_IMG_4002

パリの街はいつもと変わらず、人も多かったですしテロの影響があるようには
思えませんでした。
でも、百貨店や高級ホテルやショップに入る時には、入り口にいる警備員に手荷物検査をされてから入るといった感じです。
あと、日本人観光客が全然いない。中国人もほとんどいないですね。
それ以外は、今までのパリの様子と違っているようには思えませんでした。

そしてパリの街を歩き、オペラ座まで

th_IMG_4003

その隣にある格式のありそうなカフェ(サロン・ド・テ)ですかね。
にて、夕食。

th_IMG_4005

th_IMG_4006

th_IMG_4007

オニオングラタンスープとハンバーガーを。

これがまた、高い!
最近、ブログでも分かるようにアジアにしか行ってないから、ヨーロッパ圏の物価の高さには引いてしまいます。

そして、この日はホテルへ

なんと、このホテル、傾いてます。
スーツケースが転がっていきます。
平衡感覚が麻痺して気持ち悪くなってきます。
既に、ワイフはやられてしまっています。

まぁ、ロンドン同様、安ホテルなので文句は言えないですが、驚きがいっぱいのホテルです。


パート5につづく


2015.11.12~19 ロンドン&パリ旅行 パート3

2016年01月07日

 

そしてロンドン3日目。

この日は、ロンドン塔へ

th_IMG_3831

まだ、開園前なのでそれまで近くのブーランジェリーで朝食を。

th_IMG_3832

「PAUL」フランスのブーランジェリーで世界各地にあるから、何を食べても安心。

そして、発券所がもうすぐ開くみたいなので、行列に並んでチケットを購入。

th_IMG_3834

これが、チケットなんだけど24.5ポンドもするんですよ。日本円で4300円
本当に高い。

では、早速中へ

th_IMG_3838

th_IMG_3839

th_IMG_3843

th_IMG_3846

th_IMG_3848

th_IMG_3849

th_IMG_3850

th_IMG_3852

th_IMG_3858

th_IMG_3859

th_IMG_3860

th_IMG_3861

よく見る中世の要塞そのものでした。
ここでも、日本語のガイドレコーダーを借りて、歩いたのですがイギリスの歴史には全然知識のないばかりに何の事やらさっぱりわかずじまいでした。

そして、最近のロンドン女子に人気のカフェへ

th_IMG_3873

「Bea's of Bloomsbury」

th_IMG_3867

th_IMG_3869

th_IMG_3870

う〜〜〜〜ん。ロンドンの味覚がイマイチ分からん。

そして、ロンドンと言えばの観光地。
「大英博物館」です。

th_IMG_3874

ここは、なんと入場無料なんですね〜〜。ものすごい展示物を一つ一つ見ていきたかったのですが、日本語のボイスレコーダーが無かったので、
よく、取り上げられている物だけをピックアップして撮影してきました。

th_IMG_3875

th_IMG_3876

th_IMG_3877

th_IMG_3878

th_IMG_3879

th_IMG_3880

th_IMG_3881

th_IMG_3882

th_IMG_3884

th_IMG_3889

th_IMG_3892

th_IMG_3893

th_IMG_3895

th_IMG_3896

th_IMG_3898

th_IMG_3899

th_IMG_3901

th_IMG_3902

th_IMG_3903

th_IMG_3905

まぁ、本当に展示物が多すぎます。

ミイラだけでもどんだけあるの?って感じ、これがレプリカじゃなかったら盗掘をしてるのはイギリスじゃないのって感じですけど・・・・
まさに、大英帝国ここにあり!と言わんばかりの収集量とその幅ですね。

そして、次なるは、ロンドンでデパートといえば、「HARRODS」ですよね。

th_IMG_3912

歴史を感じる建物に煌びやかなショーウィンドウが素晴らしいですね。

そんな、ショーウィンドウを

th_IMG_3913

th_IMG_3914

th_IMG_3915

th_IMG_3916

th_IMG_3917

th_IMG_3918

th_IMG_3919

th_IMG_3920

th_IMG_3921

th_IMG_3922

th_IMG_3923

th_IMG_3924

th_IMG_3925

すごいでしょ!
これが、動いてるんですよ。

日本とはこういうところが違いますよね。

では早速中に入ってみましょう。
ものすごい人でごった返しています。

食料品の売り場でケーキの売り場を発見!

th_IMG_3926

th_IMG_3927

このケーキのレベルもさることながら、この商品の価格の高さにもびっくり!
6.95ポンドですよ。日本円で1200円。

さすがに、買う事は出来ず街中で食事をとる事に。

th_IMG_3930

th_IMG_3932

ピザと魚介のグリルを頼んだのですが、これもびっくりするぐらいの値段ですよ。
そんな、格式の高いレストランでなくても2つ頼んだら7000〜8000円とられますから。
高い高いと物価の高い事ばかり言ってすみません。

そう考えると日本という国は、なんて物価の低い国なんだろうと思いますね。

そして、この日はこれにて終了。
ホテルへ帰るのでした。

パート4につづく

2015.11.12~19 ロンドン&パリ旅行 パート2

2016年01月06日

 

そしてロンドン2日目。

この日もマーケットからスタートです。
[コヴェント・ガーデン・マーケット」

th_IMG_3807

ここは、オードリー・ヘップバーンが主演した映画「マイ・フェア・レディー」のロケ地としても有名だそうです。

ただ、ちょっと早かったみたいなので、マーケット内にあるパン屋さんで朝食を
「パン・コディティアン」
東京にもあるベルギーが発祥のブーランジェリーです。

th_IMG_3809

th_IMG_3808

やっぱり、パンはこんだけの量が出てくるんですよね。
なんで、日本だと出てこないんですかね?

そろそろ、お店がオープンしてきました。

th_IMG_3810

近くには大きなクリスマスツリーが

th_IMG_3811

そして次なる目的地へ歩きます。
でも、この日も寒いです。
ずっと小雨が降っていて肌寒いですね。

th_IMG_3812

th_IMG_3813

th_IMG_3815

th_IMG_3816

途中、「フォートナム&メイソン」へ
店内は、煌びやかに装飾され、クリスマス用にラッピングされたお菓子が所狭しと置かれています。
それを、みなさん良く買うこと・・・・

いったい、幾らになるんだろう?

そして、ランチに
「アダム&イブ」

th_IMG_3817

th_IMG_3819

フィッシュ&チップスとバンガーズ&マッシュを注文どちらもイギリスを代表する料理

まずは、高い。フィッシュ&チップスが2500円っておかしいでしょ?

本当にロンドンは物価が高いです。

味は、皆さんの期待に反して美味しいですがタラのフライにフライドポテトですからね。
不味くしようがありません。

バンガーズは、ちょっと肉の臭みがありますが、グレビーソースとの相性がいいのかというと・・・・

まぁ量も半端無く多いので、海外、特にヨーロッパ圏のボリュームはもう少し減らして欲しいですよね。
食べ歩きをしたい人には、優しくないですよ。

そして、ワイフ悲願のアフタヌーンティーにいきます。

「パーム・コート」にいったのですが、予約をしてなかったので
当然入る事は出来なかったのですが、別の場所で同じ物を提供してくれるというので
ラッキーって思ったのに出て来たのは、
これだけ

th_IMG_3822

なんじゃこりゃ!
がっくりと肩を落とし、ワイフは店を後にするのでした。

そして、この日最後は、「ウィリアム・カーリー」
スコットランド出身のご主人と日本人の奥様が経営をされているルーレ・デセールメンバーのお店です。
パティスリーというよりは、ショコラティエですね。

th_IMG_3826

th_IMG_3827

ここで、ようやく本場のスコーンを食べる事が出来たワイフは、少し気持ちが持ち直したようでした。

このタルトショコラ、どこかで見たような?
そう、おなじくルーレ・デセールメンバーのサダハル・アオキのタルトショコラキャラメルサレと同じ構成ですね。

th_IMG_3828

そして、お店を出る頃にはもう真っ暗。

でも、夕方5時ぐらいですけど。
時差ぼけで眠いから帰りますけど・・・・・

パート3へつづく

2015.11.12~19 ロンドン&パリ旅行

2016年01月06日

 

毎年恒例の秋の旅行ですが、今年はワイフの希望が強かったロンドンとやっぱりパリは外せないというムッシュの意見で
2カ国周遊という事で。
12日の早朝4:00に金沢を出発して関西国際空港へ

th_IMG_3688

今回は、ルフトハンザ航空にてまずはフランクフルトへ、そこから乗り換えてロンドンのヒースロー空港へだったのですが、
出発の前日に旅行会社から電話があり、ルフトハンザ航空がストのため、飛ばなくなったとの連絡、そして急遽、フィンランドAirでの移動となりました。

そしてそのフィンAirにていよいよ関空を出発!

th_IMG_3692

フィンAirは何度も乗っているのでなじみ深いですね。
トランジェットはヘルシンキなので、それはそれでちょっと楽しみ。

空港内でシナモンロールが食べれるかな?

そして10時間のフライトを経て、無事ヘルシンキに到着!

でも、トランジェットの時間は1時間も無い!

広い空港の端から端に移動しなくては。
とても優雅にシナモンロールを食べている場合ではない。

しかも、はじっこだから全然ショップがない。

でも、所々にフィンランドを感じる事が出来る物が

th_IMG_3697

th_IMG_3700

th_IMG_3706

th_IMG_3708

やっぱりヘルシンキ最高!オシャレ
またきたいな〜

そして、あっという間に乗り換え時間。

th_IMG_3714

そして、一路 イギリス、ロンドン ヒースロー空港へ

2時間程のフライトでヒースローに到着!

th_IMG_3716

ここの入管の人厳しい〜〜〜。

そして、送迎の人にホテルまで送ってもらい、早速ロンドン観光!
なんですが、日本時間は夜中の2時。

どうやったって眠いし。

でも、まずは「バッキンガム宮殿」へ

th_IMG_3719

th_IMG_3720

th_IMG_3722

th_IMG_3725

いや〜馬が道を走ってるし、ガーデンが凄いし、ロンドンって感じ満載ですね。

そのまま歩いてビッグベンを目指しますが途中にあるのは、
「アドミラルティ・アーチ」

th_IMG_3734

th_IMG_3735

アーチ状の門です。

天候が悪いのは、さすがにロンドンと行ったところでしょうか?

そんな事を思いながら歩くと前方に見えてきました。
テレビなどでよく見る形の建物が。

th_IMG_3740

「ビッグ・ベン」です。
この周辺は、人が凄いですね。
観光客が多いです。

そして、その目の前にある「ウエストミンスター大寺院」へ

th_IMG_3747

th_IMG_3750

th_IMG_3752

歴史ある寺院で中はとても大きくガイド音声を聞きながら回ると良く理解出来るのですが、歴史の勉強みたいで何がなんやら。

ウィリアム王子の結婚式をした所と言った方が分かりやすいですね。

そして、ハリーポッターのロケ地にもなったアーケードへ
「レデンホールマーケット」

th_IMG_3761

th_IMG_3763


th_IMG_3767

th_IMG_3768

ここで、ごはんを食べます。
肉屋さんがしているカフェにてハンバーガーと塩漬けした牛肉のスライスをサンド。

半端なくボリューム満点。
オーダーが通ってなくて40分ぐらい待たされて、腹ぺこだったけどかなりキツい量でした。

そして、今度は「バラ・マーケット」へ

th_IMG_3770

th_IMG_3771

th_IMG_3772

th_IMG_3774

th_IMG_3777

th_IMG_3780

th_IMG_3783

th_IMG_3785

いやーさっきのマーケットでたらふくごはん食べたの失敗でした。
こっちにも何やら、そそられる物がたくさん売ってますよ。

やっぱり、こういう市場にくるのは本当に楽しいですね。

そしてここから、ひたすら歩いてタワーブリッジを目指します。

途中にはロンドン1高いビルの「ザ・シャード」があります。

th_IMG_3786

そして「タワーブリッジ」に到着!

th_IMG_3791

th_IMG_3797

th_IMG_3800

th_IMG_3801

th_IMG_3794

ワイフが入り込んでいますが、ちゃんと渡りましたよ。

周辺には、ユニークな形のビルがたくさん建っています。

渡った向こう岸には、ロンドン塔がありますが、今日はスルーして

ロンドンで一番大きなショッピングモールへ
「ウェストフィールド ロンドン ショッピング センター」

th_IMG_3803

th_IMG_3804

th_IMG_3804

さすがにバカでかいモールです。

中では、車も売ってるしフードコートもデカいし、でも訳の分からない回転寿司もあるし凄かったですね。
ここでは、iPhoneの充電用のケーブルをゲット。

ヨーロッパだからいつも通りでOKだと思ったら、全然だめだったので急遽購入することに。

モールを出たところに、行列の出来ているクッキー屋さんを発見!

th_IMG_3805

th_IMG_3806

「Ben's Cookies」

アメリカンクッキーを焼きっぱなしの状態で販売しているクッキー専門店。

こんなのが売れるんだもんな〜

そしてこの日は終了。

ホテルに戻り深い眠りに。

パート2へつづく

2015.11グルメ

2016年01月03日

 

年が明けました。
もう、今日でお正月三が日も終わりますね。

溜まっているブログをようやく進められそうになって来たので
今日からすこしづづ始めて行きます。

もう2ヶ月程前まで遡りますが、11月の出来事からです。

11月にも美味しいグルメに行って参りました。
まずは、おなじみ野々市の庶民の居酒屋さん「田舎小屋」さんです。

th_IMG_3675

th_IMG_3674

th_IMG_3672

th_IMG_3671

th_IMG_3670

th_IMG_3669

th_IMG_3668

ここに来ると必ず刺身盛り合わせ、ごぼうの唐揚げ、アスパラいため、なんだけどこの日は、奮発して香箱蟹も、

そして、スープカレーのMOGUさん

th_IMG_3666

th_IMG_3665

本当にここのスープカレーは、今までのスープカレーの概念を覆してくれるよね。
2店舗目も出来て絶好調ですね。

月天心さんの豆大福

th_IMG_3667

それから、そばの好きな常連のお客様に勧められておそば屋さん

th_IMG_3680

th_IMG_3679

村田屋さん。本当にたくさんのお客様が来る繁盛店です。

ごちそうさまでした。

2016.1.1 元旦挨拶

2016年01月01日

 

皆さま、明けましておめでとうございます。
今年も昨年に引き続き、ご愛顧賜りますように
宜しくお願い致します。

いよいよ、新年の始まりです。
ナチュールは、本店とアルプラザ店が元旦より営業をしております。

昨年は、フォーラス店の閉店とアルプラザ店のオープンとバタバタとした
大きな変化の年となりました。

今年は、その変化をしっかりと形にしていく、年になれば良いと思っております。

th_IMG_4358

新年という事で、ガレットデロアを焼き上げました。
みなさんでお召し上がりください。

溜まっているブログは、ちかじかぼちぼちとアップしていきますので少しお待ちください。

まずは、新年のご挨拶を。

有限会社ナチュールプログレ
代表取締役 髙山 勝 (ブログ名 ムッシュ)