ブログ

2016.5.27~30 ベトナム・ホーチミン視察パート4

2016年06月12日

 

ベトナム最終日のこの日は、市内のショップを回ります。

まずは、日本人街にあるハーゲンダッツとファミリーマートの視察から。

th_IMG_5484

th_IMG_5485


th_IMG_5489


この、日本人街にあるファミリーマートですが、ハーゲンダッツの裏にありちょっと分かりにくい場所なのですが、ホーチミンでは1番の売上だそうです。
店内には、日本の食料品が所狭しと売っています。

カルビーのポテトチップスが1袋500円で売っていたり、うなぎの蒲焼きが冷凍で売っていたり、ちょっと面白いファミリーマートなのですが、
そんな中で今後、ベトナムでのビジネスが始まるなら、まずやるべき商品であるプリンを確認。

この2つのプリン実は、ホーチミンでは、ちょっと有名な日本人が作っているプリンです。

そして、ハーゲンダッツのケーキ2種。

スフレのチーズケーキとティラミス。
この2種類はどこに行ってもあるアイテムなんですよね。

そしてこのハーゲンダッツのすぐ裏に
このプリンをプロデュースしているお店とお菓子教室の
「4P'S」と「STAR KICHEN」があるので、行ってみることに。

th_IMG_5491

th_IMG_5492

「4p’s」はイタリアンでこちらではかなりセレブなお店だそうです。

ムッシュも以前来た時に入ろうと思って躊躇したお店です。

ここでは、このお店の2階にあるお菓子教室の「STAR KICHEN」のお菓子が食べれます。

でも、こちらはサクラのショートケーキとバナナのクレープ包みを頂きましたが、それほど美味しいお菓子ではないですね。

それより、ここでイタリアンを食べたかった!

そして、次は韓国企業の「CJ」グループが展開する「TOUS les Joure」へ

th_IMG_5493

th_IMG_5494

このケーキはひどかった。
いったいいつのケーキなのでしょう?
ケーキがひからびていて、カサカサのムース。こんなの食べれません。
すぐに出て行きたかったのですが、突然のスコール。

これが又ながくて、2時間も足止めを食らいました。

でも、あれだけいたバイクもやっぱりスコールになるといなくなるんですね。

そして、次はホテルのお菓子を視察。

th_IMG_5495

th_IMG_5496

「コンチネンタルホテルサイゴン」

格式高いホテルですが、ケーキのレベルは低いようです。

そしてジャパニーズデザートと書いてあるカフェへ

「MOF」

th_IMG_5498

th_IMG_5497

ジャパニーズデザートというぐらいだから当然日本人がしているのかと思いきや、ベトナム人がオーナーだそうです。

とにかく日本の抹茶スイーツや、団子、かき氷など和スイーツをこれでもか!というぐらい出していました。

もう、お菓子で満腹なのですが、ここから夕食へ

th_IMG_5501

なんと読むか分からないですが、有名なお店らしいです。

th_IMG_5502

th_IMG_5503

th_IMG_5504

th_IMG_5505

th_IMG_5506

th_IMG_5507

th_IMG_5508

th_IMG_5509

結局、最後までズーッとベトナム料理でした。

それでは、空港へ

th_IMG_5510


現地時間で夜中の12時35分発

日本へ帰ります。


どうやら、何度かまたベトナムへ来ることになりそうな予感。

2016.5.27~30 ベトナム・ホーチミン視察パート3

2016年06月12日

 

ホーチミン3日目。
この日も市内のショッピングモールを回る視察に出掛けます。

th_IMG_5444

th_IMG_5445

th_IMG_5446

「Big C」
地元のローカルなショッピングセンターです。
近くにAEON MALLが出来たので、大分打撃を受けているようですが、
ここは、どちらかというと少し低所得な人たちが来る場所なので、
売っている物もイオンと同じ物がこちらの方が安く売っています。

そして、昨日とは違う、AEON MALLベトナム1号店へ

th_IMG_5459

th_IMG_5460

th_IMG_5461

th_IMG_5462

まずはお昼ご飯ですが、イオンモールのレストラン街にあるおなじみの「丸亀製麺」です。
こちらのぶっかけには、おおきなはんぺんのような練り物が乗っかっています。

ベトナムでも大盛況です。

th_IMG_5464

th_IMG_5465

th_IMG_5466

こちらは、ドラえもんショップ1号店です。

イオンは、賑わっています。流石です。日曜日ということもあるかもしれませんが・・・


そして、夕食。

th_IMG_5471

この日の夕食は、関連会社の人たちもちょうどベトナムに来ていたらしく、一緒にご飯を。ということで14名ぐらいの人数での食事となりました。

いろんな、凄い肩書きの方達とお会いすることとなりちょっと、恐縮する夕食となりました。

th_IMG_5474

th_IMG_5475

th_IMG_5476

th_IMG_5477

th_IMG_5479

th_IMG_5481

th_IMG_5482

ちょっと、久しぶりにビールという物を飲みました。

ベトナムではこのタイガービールか333ビールのどちらかですね。

味は、バドワイザーのように軽くて薄いビールです。
このくらいなら、まだ飲みやすいのです。

そして、この日も夜が更けていきました。

パート4につづく

2016.5.27~30 ベトナム・ホーチミン視察パート2

2016年06月12日

 

翌朝、まずはホテルの朝食でビタミン補給

th_IMG_5370

こちらのフルーツは、本当に美味しいですよね、
確かに日本にもおいしいフルーツはありますけど値段が高い
でも、例えばこのスイカなんてこちらでは、1個150円ぐらいだと思いますよ。

そして、視察開始。

まずは、今回の視察するにあたってベトナムでのビジネスパートナーになるかもしれない会社の工場へ

th_IMG_5372

th_IMG_5375

th_IMG_5376

th_IMG_5379

th_IMG_5381

th_IMG_5384

th_IMG_5385

ベトナムで日本の豆腐を提供したいという思いから、この地で豆腐の製造販売を始めたそうですが、今ではイオンモールやファミリーマートなどでも販売している程の成長をされている会社です。

豆腐も食べさせて頂きましたが、本当に日本の豆腐と同じでしたね。

その後、実際の店舗を見にイオンモールへ

イオンは5年程前からベトナムでAEON MALLを展開していて現在は、ホーチミン、ハノイに6店舗を展開。
今後はカンボジアにも出店予定だそうです。

th_IMG_5403

th_IMG_5404

th_IMG_5405

th_IMG_5409

ここは、仮店舗だそうですが何か、ベトナムでドラえもんが有名でみんなが大好きなキャラクターであるのが不思議ですね。

その後、ビンコムセンターへ

まずは、昼食

ベトナム料理店へ

th_IMG_5412

フォーと蓮の葉に包んである焼き飯。

懐かしい味ですね。

その後、このビル内にあるお店の視察。

th_IMG_5413

th_IMG_5414

th_IMG_5415

th_IMG_5416

「パリバケット」韓国の大手企業です。
日本人がコンサルに入っているので、商品クオリティーは高いです。

th_IMG_5420

th_IMG_5422

こちらも先ほどのお店と韓国でシェアーを2分する大手企業のお店「トゥレジュール」

こちらも日本人のシェフがコンサルに入っています。

どうやらベトナムでは、韓国企業が幅を利かしているようです。

th_IMG_5418

th_IMG_5419

こちらは日本でおなじみの店舗ですね。

そして次は、その韓国のショッピングモール「ロッテマート」です。

th_IMG_5423

中で売られているフルーツはとても安価ですね。

th_IMG_5425

th_IMG_5426

th_IMG_5427


その後、夕食へ

th_IMG_5429

高級なベトナム料理のお店です。

th_IMG_5431

th_IMG_5433

th_IMG_5435

th_IMG_5436

th_IMG_5437

th_IMG_5438

いや〜美味しかった〜
ベトナム料理は、本当に日本人の口に合いますね。

そして、なにやらマッサージを予約してあるからということで
ムッシュ人生初のマッサージへ

th_IMG_5439

フットマッサージってやつらしいです。
しかもこの店は、凄い人気店らしく予約しないと1時間待ちが当たり前らしいです。

でも、ムッシュには拷問のなにものでもない単なる罰ゲームでした。

そして、ベンタン市場の横を通ってホテルへ

th_IMG_5443

th_IMG_5428

明日は、どこに行くんだろう?

パート3につづく

2016.5.27~30 ベトナム・ホーチミン視察

2016年06月05日

 

まさか、またホーチミンに行くことになるとは思ってもいませんでしたが、
今回、仕事で急遽いくことになりました。

今回も、成田からの出発ということで小松から羽田へ
東京から成田エキスプレスで成田空港までのルートです。

前回、小松成田で飛んだ時に手荷物がなかなか出てこなくてチェックインがギリギリだったので
安全パイを考えて面倒ですが・・・

そして、出国前のお決まり、和食を食べましょう!

th_IMG_5366

なんか、あれもこれも着いた豪華御膳。
お腹いっぱいで、いよいよホーチミンに向けて18:30にフライトかと思いきや
機体の到着遅れで、40分の遅れ。

しかも、何やらニュースでは先ほどムッシュが降り立った羽田で大韓航空機が炎上だそうで、その時間がちょうど
小松から羽田へ降りた時間時間と一緒とは。
一歩間違ったら降りれなかったかも・・・・・

これは、なんか今後も起きるような予感・・・

そして、ようやく飛び立ちます!

th_IMG_5367

th_IMG_5369

この日はそのままホテルへ直行!

しかし、こんな夜中なのに相変わらず人が多い街だな〜

パート2へ

2016.5.21.22 2夜連チャンのグルメ

2016年06月05日

 

東京から年に何回か来られるメーカーの営業マンと食事に行ってきました。

気になっていた「VIVI」へ

th_IMG_5345

th_IMG_5346

th_IMG_5347

th_IMG_5348

th_IMG_5349

ここは、以前[ゲデレー」に勤めていた若いスタッフが独立したお店です。
若いながら、一生懸命差が伝わってくるいいお店でした。

その翌日
友達カップルと共に
駅前に出来た「Da TAKE」さんへ

th_IMG_5351

th_IMG_5352

th_IMG_5353

th_IMG_5354

th_IMG_5355

th_IMG_5356

th_IMG_5357

th_IMG_5358

いいお店ですね。
ピザもおいしいし、それほど高くもなく使えるお店ではないでしょうか?
お肉も美味しいですよ。

2016.5.16~19 四国旅行パート4

2016年06月05日

 

いよいよ四国旅行最終日です。

この日は、新居浜市にある1軒の洋菓子屋さんを訪ねます。

このお店は、ムッシュが以前勤めていた時に部下たったスタッフが経営されているお店です。

久しぶりにゆっくりと、夫婦揃ってお話が出来たことが良かったですね。
そして、部下の成長を見れたことが本当に嬉しく思いました。

th_IMG_5341

th_IMG_5342

そして、金沢へ600kmのドライブで帰郷しました。

大自然あり、美味しい食べ物あり、と大満足の四国旅行でした。

2016.5.16~19 四国旅行パート3

2016年06月05日

 

四国4日目。
この日はまず四国最南端「足摺岬」を目指します。

th_IMG_5258

th_IMG_5260

th_IMG_5261

th_IMG_5262

th_IMG_5269

th_IMG_5267

th_IMG_5270

th_IMG_5274

th_IMG_5275

th_IMG_5276

なんとも良いようが無い絶景です。
青く澄み切った空と海。久しぶりに自然を満喫する旅もいいものです。

そしてここには「ジョン万次郎」の像がありますが、この人も凄い人ですね。

そして、今度は四万十川を登っていき、お昼ご飯を

th_IMG_5277

「四万十屋」

最後の清流四万十に隣接するこのお店で食べるのは、もちろん天然四万十のうなぎです。

th_IMG_5278

th_IMG_5279

th_IMG_5280

屋外のテラス席で、四万十を見ながら天然のうな重を頬張る。この上ない贅沢ですね。

その四万十のうなぎの味は、身がしっかりとしていて濃厚ですね。
一緒に土佐で養殖されている物も頼んだのですが、養殖を食べ慣れているムッシュには、やはり養殖のウナギの方が美味しく感じられるんですよね。

後は、焼き方もありますけどね。このお店は素焼きで、ムッシュがよく食べるのは蒸し焼き、どうしても蒸し焼きの方が身が柔らかく食べやすいですよね。

そして、四万十川を上流へどんどん登っていきます。

目指すは、沈下橋。

th_IMG_5281

th_IMG_5282

th_IMG_5287

th_IMG_5297

沈下橋は四万十川にはいくつも掛かっているのですが、これはその中でも有名な岩間沈下橋。

この大自然の中に調和してたたずむこの橋の雄大さ。そしてこの水の澄み切ったこと。

童心に帰ってしまい、水切りをしては自然を満喫しました。

そこから、さらにのぼり四万十の道の駅へ

th_IMG_5292

th_IMG_5293

th_IMG_5294

地元の味覚を楽しんで、
この大自然ともお別れです。

一気に愛媛に向います。

まずは、道後温泉へ

th_IMG_5299

th_IMG_5309

th_IMG_5319

これが、あの有名な道後温泉ですか。
夏目漱石の坊ちゃんの舞台。

でも、ここだけがタイムスリップしているような感じで、この周りは見事に近代化しているのが残念ですね。

周辺の商店街を散策。

まず見つけたのは、

th_IMG_5304

「みかんの木」

th_IMG_5303

みかんのソフトクリームを食べてみます。
うん。みかんの味。でも工業製品のように嘘くさいな〜

次は、坊ちゃん団子のお店

th_IMG_5305

th_IMG_5325

ここが、元祖だそうです。

そして、これまた「10FACTRY」というみかんのショップ。

th_IMG_5308

th_IMG_5307

いろんな種類のみかんジュースを少しづつ飲めるんです。

本当に愛媛はみかんがすごいな〜。

昔は、ムッシュのふるさと静岡が日本一だったのに今では愛媛にも和歌山にも抜かれて3番目。
でも、この愛媛のパワフルさをみると、これは負けるよな〜って思う。

静岡、がんばれ〜

そして、食べログ上位のケーキ屋さんに
「ESPRIT」

th_IMG_5328

th_IMG_5326

th_IMG_5327

店が真っ黒で高級感を出しまくったお店でした。

でも、お味は・・・特にエクレアは・・・・

そして、松山市内へ

夕食は、やっぱり鯛飯です。

th_IMG_5339

th_IMG_5330

th_IMG_5333

th_IMG_5338

th_IMG_5332

th_IMG_5336

「かどや」さん
鯛飯=卵かけ御飯に稚の切り身をプラスといった感じでしょうか?
でも、お酒が凄く利いています。
というのも、
日振島を拠点にしていた伊予水軍が、酒盛りをしていた時に酒の残った茶碗に、ご飯と醤油にたっぷりつけた鯛を乗せて食べたことが始まりと言われています。

だそうです。

いよいよ明日が最終日。

パート4につづく

2016.5.16~19 四国旅行パート2

2016年06月05日

 

四国2日目
今日は金比羅山へ向います。

その前にお菓子屋さんへ

th_IMG_5197

「okasinoie」さんへ

th_IMG_5196

th_IMG_5198

th_IMG_5199

th_IMG_5200

th_IMG_5201

th_IMG_5202

こんなところにこんないいお店があるなんて。
ちょっとびっくりですが、デザイン、お店の店内のセンスもとても良いですね。

そしていよいよこんぴらさんへ

th_IMG_5203

th_IMG_5205

th_IMG_5209

th_IMG_5211

th_IMG_5215

th_IMG_5216

誤本宮までの785段の階段を上りようやくたどり着きました。

いや〜いい運動になった〜
でも、間違いなく明日は筋肉痛だろうな〜

参道にある「平岡精肉店」のメンチカツとコロッケを買って高知へ向います。

th_IMG_5218

th_IMG_5222

th_IMG_5223


と、気になるうどん屋さんを発見し、うどん県最後のうどんを食す。

th_IMG_5220

th_IMG_5221

「灸まんうどん」

そして、3時間「高知市」へ到着!

まずは腹ごしらえ

「ひろめ市場」へ

th_IMG_5226

th_IMG_5227

th_IMG_5233

th_IMG_5231

th_IMG_5228

th_IMG_5230

th_IMG_5229


ここは、市場の中にあるお店で買って来た物を市場内のテーブルで自由に食べれるという市場というか食堂のようなところ。

まずは、かつおのタタキと鯛飯、ウツボの唐揚げを食す。

いつ出来たのか、かつおのたたきに塩っていうのがあって、むかしはポン酢だけだったんだけどな〜

そこから、近い高知城へ

th_IMG_5235

th_IMG_5236

th_IMG_5238


うっ〜ここでも階段が多い。もう階段はうんざりなのに〜


高知といえば、もちろん坂本龍馬ですよね。
では、会いにいきましょう。
桂浜へ

th_IMG_5246

th_IMG_5241

th_IMG_5245

いや〜桂浜、絶景ですな〜素晴らしい。

海岸をすこし散歩して、この日の終着地「四万十」へ向います。

高知市から四万十までは高速が途中でなくなるのでかなりの時間が掛かりまね。
途中、山々の中をひた走るのですが、自然豊かなところも良いですよね。

ところで、この日の宿泊地四万十ですが、以前は中村市という市でしたが、合併により四万十市になったようですが
なぜ、ここに泊まろうと思ったかといえば、ここが思い出の地なのです。

もう、17年も前になります。

ムッシュが以前勤めていたお店のFC店がここにあり、ムッシュは当時、年に何度か訪問をしていたのですが、その時の
この町ののどかさと、ここにある、あるお店の味が今でも忘れることがなく、いつかいく機会があるのならもう一度食べてみたいとずっと
思っていました。

その夢が叶って、17年振りにようやく来ることが出来ましたが、それよりもまだこのお店があったことも凄いですよね。

そのお店がここ「味劇場 ちか」です。

th_IMG_5257

こんな高知の端にある町ですが、はるばるきて食べたかった物は、なにか?かつおのタタキです。

th_IMG_5247

これ!
当時とは大分、ボリュームが減ってしまっていますが、味はもう、あの時のままです。
なんか、感動しますね。
これほど旨いかつおのタタキがあるんでしょうか?

それ以外も旨いんです。

th_IMG_5248

th_IMG_5249

th_IMG_5250

th_IMG_5251

th_IMG_5252

th_IMG_5253

th_IMG_5254

四万十名物といえば岩のりのかき揚げ、川エビの唐揚げ、ですね。

どれも本当に美味しい。

ここでも塩のかつおのタタキがありました。
旨いですが、やっぱりポン酢が一番。

はるばる来た甲斐がありました。

パート3へつづく

2016.5.16~19 四国旅行

2016年06月05日

 

繁忙期も過ぎ、少しまとまったお休みを頂きまして、四国へ行って参りました。

7年前にも四国へ仕事として、メーカーさんを見て回ったのですが、今回は完全に旅行。

プライベートで訪れるのは、始めてですね。

あさ6:00に金沢を出発して一路、明石海峡大橋を目指します。

そして、ひた走ること5時間ついに来ました!

th_IMG_5138

明石海峡大橋です。本州と淡路島、四国をつなぐ大橋です。

サービスエリアの淡路にて休憩。

th_IMG_5142

いい眺めです。

そして、いよいよ四国へ!
目指すは、香川県いやちがう「うどん県」だ!

そして、まずは1軒目「山越うどん」さんへ

th_IMG_5149

th_IMG_5148

th_IMG_5160

th_IMG_5147

やはり並んでるか〜。
ここは、かまたまうどん発祥のうどん屋さん
ちょー人気店です。
では、食べてみましょう!旨い!
熱々のうどんに卵が絡んで最高です!

でも、麺の塩っけが少し気になるかも。

そして次は、「たむら」

th_IMG_5164

th_IMG_5166

手打ちうどんで、本当におとうちゃんとお母ちゃんでやっている田舎のゆる〜い感じのお店です。

次は「宮武うどん」
通りすがりにあったうどん屋さん

th_IMG_5168

th_IMG_5167

そして、うどん県に着いてから、駆けつけ4杯目のうどんは、讃岐うどんを語るならここを知らずしてとネットにあった「さか枝」

th_IMG_5169

th_IMG_5170

あっさりシンプルうどんでした。

そして、次はケーキ屋さんへ
「ルーヴ」さん

th_IMG_5171

th_IMG_5172

とても大きなケーキ屋さんでイートインのお客さんもたくさん居られました。

もう1軒
「かにわしタルト店」

th_IMG_5174

th_IMG_5175

th_IMG_5176

th_IMG_5177

地元では、有名なのでしょうか?
でも、味は・・・

そして、本日の宿泊先へチェックインをして
夜の町へ

商店街のアーケードにトンカツで有名なお店を発見!

とんかつ「ひがさ」さん

ここでは、オリーブ豚が食べられるということで早速注文。

th_IMG_5181

th_IMG_5179

th_IMG_5180

これは、旨い!旨い!旨い!
いままでで食べた豚カツの中で一番の旨さだ!
肉厚のトンカツなのにとてもジューシーで肉汁があふれんばかり。

そして肉のうま味が半端ない!これはムッシュもびっくりです。

そして高松のもう一つの名物料理は
「一鶴」の骨付鳥ですね。

th_IMG_5194

th_IMG_5182

これは、金沢で言うなれば第七餃子のようなワイルド感がありますね。

付けダレに漬込んだ骨付鳥をグリルで焼き上げその焼けごげた油を惜しげもなく肉に掛ける。

それをワイルドにかぶりつき、ビールを飲む!って感じの食べ物です。

かなり塩と胡椒、ニンニクが聞いているので、本当に飲み物が進みます。

食べ過ぎな初日を終え、この日は終了。

パート2へつづく


2016.5.11 Salon de Sucreケーキ教室

2016年06月05日

 

Salon de Sucreのケーキ教室の日でした。
初夏のこの時期にぴったりな、オレンジとチョコレートを組み合わせた
「アカプルコ」を作りました。

th_IMG_5114

th_IMG_5112

今回は最後のデコレーションにチョコレートを巻き付けて今までにない、ゴージャス感に

次回は6月22日 「クレメ・ダンジュ」です。

12»